俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

天高し百歳生くるはいいのか悪いのか

作者 森本可南  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

長生きして、いい時代なんだろうか?

最新の添削

「天高し百歳生くるはいいのか悪いのか」の批評

回答者 なおじい

鷹司晶子さん、こんにちは。
御句拝読しました。

これまた大幅な字余り句ですね。

この点については海郷さんが丁寧にアドバイスなさっていますから、そちらに譲るとします。
追加で、これも先の方々と重複しますがお伝えしたいことがございます。

他の方の句への字余りのご指摘についてです。
まず、良く読んで、本当に字余りなのかご確認ください。
・「娘」と書いて「こ」と読んだり、「夫」と書いて「つま」と読む場合もあります。
・「字余り」とは言いますが、正確には音数で数えますので、例えば「しゃちょうしつ」は七文字ですが五音です。
・次に、五七五がそれぞれ六音や八音になっても、それがリズムを崩さず、良い効果が出ていれば許容されるはずです。逆に、流れが滞ったりして、余分な一音を工夫すれば流れがきれいになる場合に字余りとして指摘されるのではと思います。
・固有名詞や熟語で詰めようがない場合にも許容されます。

鷹司さんが字余りとご指摘の鳥田政宗さんの
「初めての集団登校春の朝」
という句、おそらく「集団登校」が文字で九文字、音で八音だからだと思います。
ですがこれは「集団登校」という、児童の安全のための施策を示した一つの言葉ですので、字余りの対象ではないのではと思いました。
もちろん、
・春の朝初めて集団登校す
などという表現もあるかとは思いますが、若干ニュアンスが違ってきます。

さて、長くなりましたが掲句です。百歳まで生きることがいいか悪いかについてはちょっとおかせてください。

・天高し長寿の是非を考える

御句を五七五にまとめると、こういうことではないかと思うのです。

ただ、これでは「なんだかなぁ」という感じもしますので、これをどうしていくか、一緒に考えていきましょう。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「天高し百歳生くるはいいのか悪いのか」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

字余りそのものは、作者が意図的にやっているならかまわないのですが、
(それが有効かどうかは別問題)

久田様とのやりとりの食い違いが気になりました。

こちらの句、
『てんたかし ひゃくさい いくるは いいのか わるいのか』

どう数えても22音あります・・・

逆に久田様の『温泉の街の川原に揚がる冬花火』
これ「温泉の街」を「ゆのまち」と読むのですよ。私はあまり好きな表記ではなく、使いませんが。
なので、「ゆのまちの かわらにあがる ふゆはなび」で十七音です。

点数: 3

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「天高し百歳生くるはいいのか悪いのか」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

鷹司さん!こんばんは!
いつもお世話になっております。
少し気が付きましたのでご参考まで
鳥田さんの下記の俳句に字余りと指摘していますが、
・初めての集団登校春の朝

しゅうだんとうこう
8文字となりますが、しゅはひと文字(音)です。

「曲(きょく)」や「今日(きょう)」などの「きゃ」「きゅ」「きょ」「くゎ」で表記される音は「拗音」(ようおん)と言います。
このように二字のかなで表されている音は、俳句では一音として数えます。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「天高し百歳生くるはいいのか悪いのか」の批評

回答者 つちや郷里

句の評価:
★★★★★

鷹司晶子さんこんにちは。

字余りについて。
・上五の字余りは中七下五でリズムが取り戻せるので許容されやすい。
・下五は奥行きや余情を出せるが、リズムが崩れるため要注意。
・中七は全体のリズムが崩れ、奥行きも余情も出せないので余程の理由がない限りタブー。
人によっていろんな解釈や感じ方、考え方はあるかもしれませんが、これが俳句界での字余りの認識だと思います。

御句ですが、中七が八音、下五が九音という大きな字余りでリズムが非常に崩れています。
破調や自由律というのもありますが、この句はそれとは違いますね。
ここは上五を字余りにするのが得策かと。

「百歳生きるは」を上五に置いて
・「百歳生きるは良いか悪いか天高し」
あるいは定型で
・「百年を生きる時代よ天高し」

破調や字余りの句をたまに詠む私が言うべきことではないかもしれませんが、俳句の最も美しいリズムは五七五です。
そのリズムと音数に収めるために取捨選択を徹底しなければなりません。
しかし逆に定型に収めるのがすべてだと思い込み、効果のある字余りをないがしろにしたりするのもいただけませんので、柔軟でバランスの良い考え方が大切ですね。

点数: 1

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

「天高し百歳生くるはいいのか悪いのか」の批評

回答者 久田しげき

句の評価:
★★★★★
★★

基本は大切、17音二納めたい。
固有名詞の件、慎重に使いたい。和田高甫でも一般には無理、茶名(宗名)ならなおさら。

点数: 0

添削のお礼として、久田しげきさんの俳句の感想を書いてください >>

「天高し百歳生くるはいいのか悪いのか」の批評

回答者 優子

句の評価:
★★★★★

鷹司晶子様
いつも勉強させて頂いております。ありがとうございます。良いんですよ〜。是非、長生きしてください、やり残す事の無い様に。人生一度、悔いの無い様に生きて頂きたいです。

点数: 0

添削のお礼として、優子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

白菜の尻寒々と積まれけり

作者名 一本勝負の悠 回答数 : 1

投稿日時:

水鳥やもると煉獄決まりけり

作者名 鳥田政宗 回答数 : 0

投稿日時:

過疎村の静かに浮かぶ赤き梅

作者名 黒徹 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『天高し百歳生くるはいいのか悪いのか』 作者: 森本可南
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ