俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

有の実や残一切れに互いの手

作者 ドキ子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

家族で梨が好物です。たくさん剝いて各自が好きに食べますが、最後の一切れはお見合いになり、ジャンケンで決めます(笑)
よろしくお願いします。

最新の添削

「有の実や残一切れに互いの手」の批評

回答者 イサク

こんばんは。

コメントの「お見合い」「ジャンケン」はともかく、「二人で一切れの梨に手を伸ばした」という句意でよいでしょうかね?
なおじい様から出ている話も近いですが、「残」が説明しようとして窮屈になっていると思いますので、もう少し説明を控えて表現したい気がします。

「有の実」と「残一切れ」が同じものなので、切れ字「や」で切ってしまうかどうかも検討材料ですね。「や」を使った方がきもちいい場合もありますが・・・

・有の実のひと切れへ君と僕の手
恋句っぽくなりました。

・有の実をひと切れ残す二人かな
お見合い感は出てるかな?

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「有の実や残一切れに互いの手」の批評

回答者 鈴屋いるか

句の評価:
★★★★★

マサトさん、こんにちは
梨美味しいですよね~、私も大好物です

添削点は見つけられないため感想コメントです
「残一切れ」でフォーカスした導入にしつつ「互いの手」で広がる動きが上手いな、と思いました
また、イメージ的に非常にほほえましさを感じる良い句だと思います

点数: 1

添削のお礼として、鈴屋いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

「有の実や残一切れに互いの手」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

マサトさん、こんにちは。
御句拝読しました。こういうことってありますよね。私も何度か詠みました。

梨を有の実にするところはさすがですね。私がちょっと気になりましたのは、中七です。この「残一切れに」は、「ざんひときれに」と読むのでしょうか?それって普通ですか?私「ざん」より「のこる」のほうがいいのではと思いました。

・有の実の残る一切れ互いの手
・有の実や一切れ残り互いの手

「互いの手」は「二人の手」でもいいかと思います。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

消防車河川に待機揚花火

作者名 かぬまっこ 回答数 : 11

投稿日時:

この寺は足首埋まる落葉かな

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

冬館遅れぎみなる古時計

作者名 久田しげき 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『有の実や残一切れに互いの手』 作者: ドキ子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ