俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

死神が咄に聞き入つてゐて月

作者 長谷機械児  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

お題「月」。六代目三遊亭圓楽追悼。

高座を見たのは一度だけ。六代目襲名のとき(新宿末廣亭だったと思う)で、そのときの演目が「死神」でした。

死神にアジャラカモクレン…テケレッツのパッと呪文を唱えれば退散するのだが、今回は退散しなかった、という句意で作り始め、

 【初案】死神に呪文とどかず宵の月

…噺家の追悼句にしては捻りが無くて寂しい。そこで、なぜ呪文が効かなかったのだろうという方向へ。都会の死神が、電車通勤のサラリーマンみたく、イヤフォンを着けていて周囲の声に気づいていない(呪文も聞こえない)、というイメージに変化。それなら、イヤフォンで聞いているのは落語だろう、ということでこの形に。

六代目襲名の公演に協力した歌丸さんから「来るのが早い」といじられているに相違ない。

最新の添削

「死神が咄に聞き入つてゐて月」の批評

回答者 なおじい

長谷機械児さん、こんにちは。
再訪です。
私の鑑賞力の無さが恥ずかしい。
げばさんのコメントを拝読して、なるほどと感動しました。
しかしげばさんは、どうしてこんなに見事な鑑賞ができるのでしょう。悔しい(笑、汗、涙)。

最後の「ゐて月」もわかりました。「いて月」との違いが今頃わかりました。
本当に、しかしこんなこと、他では絶対に学べませんね。

長谷さんの素晴らしい追悼句とげばさんの解説にお礼を申し上げます。有難うございました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「死神が咄に聞き入つてゐて月」の批評

回答者 鈴屋いるか

句の評価:
★★★★★

コメントありがとうございました
私も笑点は5代目円楽師匠が司会をやっておられた時期ですのですごくショックを受けました

まずは図書館にあるものから読んでみようかと思います
プレバトも好きなので夏井先生のも見てみます
#勉強とは少し離れますが南海放送の夏井先生のラジオは一時期聞いてましたw

句に関してはハイレベルな感じなのでコメント返しだけで失礼します

点数: 1

添削のお礼として、鈴屋いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

「死神が咄に聞き入つてゐて月」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。
追悼句だったんですね。米津玄師のMVが頭にちらつきました。

死神の立ち位置。「咄に聞き入つてゐて」とあれば風景は演芸場の客席だと思います。それはそれでおかしみがあっていいですが、季語「月」に違和感を残す感じでした。イヤホン、ヘッドホンで電車内、の景は出てこないなあ・・・
追悼としても、演芸場やホールの「生の高座」の風景にしたいところです。

なんのために死神は演芸場にいるのか?
という提案句を作ろうとしましたが、理由までは季語の力を借りても難しいですね。

・死神を笑はせ噺家秋袷

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「死神が咄に聞き入つてゐて月」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

長谷機械児さん、こんにちは。御句拝読しました。
六代目円楽師匠の「死神」をお聞きになったのですか。よかったですね。私は六代目は笑点でしか知りません。

御句ですが、落語好きの私としては理解しなくてはと頑張りましたが、今一つよくわかりませんでした。
私の頭が固いのだと思いますが、
死神が「死神」という落語に聞き入っているのですか?イヤフォンで?
それなら死神退散の呪文が聞こえるはずですが?

理解が悪くてごめんなさい、私は単純に、六代目が生きている時の高座に聞き入っているという句にしてみました。普通、落語に聞き入っているのは観客ですよね。

・死神に聞き入つて月西の空

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「死神が咄に聞き入つてゐて月」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。追悼句ですね。死神を得意とする圓楽師匠を誘いに来た死神さんが、師匠の演目死神に聞き入ってしまっている、連れに来たのにもう夜じゃねえか、という句でしょうか。あああ、月が出てしまったよ。死神までも聞き入らせてしまう咄家がいたそうで。ってまさに落語の演目のような。どうにもこうにも咄がおもしろいもんで、死神はこの世の世界に居座ってしまったそうな。という。粋な句ですね。ご冥福をお祈りします。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

さりさりとあざなわれる人の禍福かな

作者名 式桜 回答数 : 3

投稿日時:

春装やマネキンの頬も色めく

作者名 卯筒 回答数 : 1

投稿日時:

大男の怖さは雷鳴の怖さ

作者名 IZMIN 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『死神が咄に聞き入つてゐて月』 作者: 長谷機械児
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ