俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

朱の群れにピンクあり土手の彼岸花

作者 柴崎恵子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

近くに、春は桜で有名な川があるのですが
その土手に何年か前から、彼岸花が群生していてとても見応えがあります
多分、自治体かボランティアの方が植えたのだと思います
ピンクの彼岸花の球根が混じっていたのか
ポツンとピンクの彼岸花の塊があるのを見つけました
ちなみに、我が家の彼岸花は薄黄色です

最新の添削

「朱の群れにピンクあり土手の彼岸花」の批評

回答者 イサク

再訪ですー

・「土手」と入れるメリット
★土手の映像が出る。
★映像を「土手の彼岸花」という空間へ誘える。
★植え込み、プランター、休耕田、自宅の庭、などの風景ではないよ、とはっきり伝えることができる。
★ある程度遠景で広い視野角の描写、ということになる。背景の空・川・河原も想像できる。あと、「土手」から想像できる風景にも広げられる。個人的には里山や田園、住宅地も想像できる。
デメリット
◆「土手に」「土手の」に説明感が出ないようにする必要がある
◆「土手に」「土手の」で三音使う
◆風景が固定する(デメリット?)

・「土手」と言わない効果
◆だいたい上記の逆。プランターの彼岸花の映像にもなり得る。
◆三音余分に使える。
◆「朱の中にピンクがある」が優先で「土手」なんていらないんだ!という考え方もある。

というところで、この句で「土手に」とわざわざいう必要があるかどうか。私は「作者があると思ったらある」と思いました。「土手の」で確実に映像が土手の彼岸花群に誘導されていきますので。
「入れなくてはいけない」なんてことは俳句では滅多にないので、論争するつもりはありません。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「朱の群れにピンクあり土手の彼岸花」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

気になるところはおかえさき様が先に出してます・・・「詰め込み過ぎ」「説明しようとしすぎ」ですね。中八の原因もそこです。
極力省略して、受け手に託したいですね。

・ピンク色混ぢりて土手の彼岸花

赤以外だと、私は白はよく見ますね。

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「朱の群れにピンクあり土手の彼岸花」の批評

回答者 長谷機械児

句の評価:
★★★★★

柴崎恵子さん、こんにちは。

御句について。

・「土手」という場所の明示に何か効果があるのかどうか…。
・「(ピンク)あり」という言葉が、中八字余りのもとであり、状況説明の散文的に感じさせるところでもあると思います。

コメントにある「ポツンと」。このあたりのオノマトペを使えないかな、と。

 朱に交じりピンクのぽつり曼珠沙華

今後ともよろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、長谷機械児さんの俳句の感想を書いてください >>

「朱の群れにピンクあり土手の彼岸花」の批評

回答者 おかえさき

句の評価:
★★★★★

おはようございます
また偶然ですね~✨私も彼岸花の投句したばかりです。
うーん、なんか詰め込過ぎなような?彼岸花にピンクや黄色があるんですか?びっくり!赤しか見た事がありません。赤の中にピンクを発見したという事なんですね?
中八のリズムも…
「朱の中にピンク際立つ彼岸花」
「彼岸花ピンク黄色もありにけり」
いまいちかな~
もっとお上手な方の添削待ちましょか…

点数: 1

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

「朱の群れにピンクあり土手の彼岸花」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

柴崎恵子さん、こんにちは。
御句拝読しました。私は彼岸花とは、例の赤いのだけかと長く思っていました。ですので、初めて白いのを見た時は驚きました。ピンクは見たことないです。

御句、もう皆さんがおっしゃっているので私は提案句だけで失礼します。

・土手の朱にピンク一輪彼岸花

勝手に一輪にしてしまいました。もっとあったかもしれません。すみません。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

朱の彼岸花中にぽつんとピンク

回答者 森本可南

句の評価:
★★★★★

土手を入れなくては、いけないのでしょうか?
俳句のルールがまだわかってない、俳句歴3ヶ月の私です。
季語と17音で絵をきりとるなら、これでいいと思ったのですが?とんちんかんなら、ごめんなさいm(_ _;)m

点数: 1

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

若衆の凜と笛吹く春祭

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

庭石や猫身構へり冬隣

作者名 一本勝負の悠 回答数 : 2

投稿日時:

色無地に和傘の調べ菜種梅雨

作者名 鳥越暁 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『朱の群れにピンクあり土手の彼岸花』 作者: 柴崎恵子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ