俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

朝刊の配達音や野分後

作者 柴崎恵子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

夜に台風が通過する時は
不安なまま床につきますが、早朝に新聞配達のバイク音がすると、安心します

最新の添削

「朝刊の配達音や野分後」の批評

回答者 おかえさき

こんにちは、最近投稿がないので俳句お辞めになったのかと危惧していました!
御句気持ち分かります、添削としてはなおじいさんのバイクが入った句が好きです🙆
柴崎さんとは感性が似ているのでしょうか?
シチュエーションは違いますが、私も朝刊の句を数年前に作った事があります。
「短夜や朝刊カタンと届きをり」
また時々よろしくね🙋

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「朝刊の配達音や野分後」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

柴崎恵子さん、こんにちは。
御句拝読しました。確かに台風の夜は心細いです。それが静かになり明るくなりかけていつもの生活音がしてくるとホッとしますよね。わかります!

御句、下五の「野分後」は「野分あと」とひらがな表記をお勧めします。

・朝刊の配達音や野分あと

私の読み替えも置かせてください。

・野分去り朝刊配るバイク音

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「朝刊の配達音や野分後」の批評

回答者 森本可南

句の評価:
★★★★★

こんにちは柴崎さん、お世話になっております。

のふんご?のふんごとは?
コメみて、意味わかりました。
すみません。

野分あと朝刊の配達音

点数: 0

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夕闇にかすり消えゆく2つの尾

作者名 沼田園子 回答数 : 3

投稿日時:

呪わるる布団出られぬ朝七時

作者名 イサク 回答数 : 7

投稿日時:

青芝に腰を下ろして雀らと

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『朝刊の配達音や野分後』 作者: 柴崎恵子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ