俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

真つすぐにゆく蟻ひとつ塀のうへ

作者 ちゃあき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ひまわりの句へのコメントありがとうございました。
今回は写生句です。 どうぞよろしくお願いします。

最新の添削

「真つすぐにゆく蟻ひとつ塀のうへ」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。ちゃあき様、いつもお世話になってます。
拙句「納涼床」にコメント有難うございました!

御句拝読しました。蟻をひとつと数えることの是非についてはみなさんから出ていますので、私からは別のことを一点。
下五の「塀のうへ」です。これは塀の上の意味だと思いますが、「へ」が助詞に見えて、「塀のう」へ向かっているように読めます。
ここは「塀の上」とした方がいいのではと思いました。

皆さんおっしゃらないので大したことではないと思うのですが、ご参考になれば幸甚です。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

石塀を蟻一匹の真つすぐに

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

写生句として、過不足なく描けていますね。
塀の上を蟻が真っ直ぐ歩いているだけで、発見や面白味はありませんが、こういう句も良いと思います。

「蟻一つ」という言い方が少し気になりましたので、語順含めて少し手を加えてみました。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「真つすぐにゆく蟻ひとつ塀のうへ」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

秋沙美様と同じく「蟻」に「ひとつ」が違和感でした。
「ゆく」が捨て石なので、これも含めて調整してみます。
ちょっと「まっすぐ」の意味が変わっちゃうかな?

・真つすぐに蟻一頭よ塀の上

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「真つすぐにゆく蟻ひとつ塀のうへ」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

写生句いいですね。景が見えてますし、ただ塀の上をまっすぐゆくというだけの景色から、いろいろなことを考えてしまいます。蟻という季語のもつ力でしょうか。ひとつは確かに気になりますが、このままでも、と思います!

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

放課後の板書練習青蜜柑

作者名 南風の記憶 回答数 : 3

投稿日時:

新涼や瀬音のなかに立込みぬ

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

伽藍の上山藤の瀧現はるる

作者名 ここちゃん 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『真つすぐにゆく蟻ひとつ塀のうへ』 作者: ちゃあき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ