俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

向日葵と太陽燃える怨めしき

作者 菊池清庵  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

猛暑日が続きます。太陽の熱さが恨めしく、それをモノともせずに咲く元気な向日葵さえ憎くなる。

最新の添削

「向日葵と太陽燃える怨めしき」の批評

回答者 なおじい

菊池清庵さん、こんにちは。
御句拝読しました。前句に引き続き厳しいことを言うようで恐縮ですが、ここは添削道場ですのでご理解ください。

御句、何をおっしゃっているのかよくわかりません。
その理由は、五七五の少ない音数に対しておっしゃろうとしていることが複雑だからです。

「猛暑日が続いて太陽が恨めしくなる」ここまではいいです。しかし御句はそれに加えて、「この暑さをものともせずに元気に咲くひまわり」という、それだけで一句出来そうなテーマを加えようとしています。
さらに、「そんなひまわりが愛らしい」というのではなく、「そんなひまわりまで恨めしくなる」とまで詠もうとしていらっしゃいます。これは難しいですよ。

「暑くて太陽が恨めしい」というのは普通すぎて類想の中に入りますから、ひまわりの健気さか憎らしさを主として詠み直してみてはいかがですか?

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「向日葵と太陽燃える怨めしき」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。はじめまして。よろしくお願いします。

下五「怨めしき」が唐突に出てきて驚きました。
語と語のつながりがなんだかおかしいですね?この句、ご自身で後で読んでみて、意味わかりますか?私はコメントを見るまでわかりませんでした。

もともと「怨めしい」のは太陽?暑さ?どちらでしょう?
向日葵は逆恨みされているだけなのですが・・・
提案句を作ってみましたが、おかしな自己紹介になってしまいました。

・向日葵や我太陽を怨むなり

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

忘れゐし一語が不意に秋の夜

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

会いたくて道央道はアイスバーン

作者名 北あかり 回答数 : 3

投稿日時:

夏めくや地声大きな漁師町

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『向日葵と太陽燃える怨めしき』 作者: 菊池清庵
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ