俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

炎天を揺すり黒煙桜島

作者 竹野山芋  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

最近大きな噴火をして全国から注目されている桜島ですが、この句は子どもの頃の思い出です。対岸の鹿児島市の高台にある中学校の運動場から桜島と錦江湾がよくみえました。体育の授業中に「どん」と大きな音と軽い揺れがあり、さては、と桜島をみやると、黒々とした噴煙がもくもくと上がっていきました。鹿児島市民は噴煙がどちらにたなびくかを見て、ああ今日は灰が降るな、ああ今日はあっちにながれていくんだな、と一喜一憂したものです。

最新の添削

「炎天を揺すり黒煙桜島」の批評

回答者 たーとるQ

竹野さんお疲れ様です。
鹿児島の方から時事の俳句をありがとうございます。ご無事を祈ってます。
御句、「炎天を揺すり」というのが噴火の勢いを上手く出してて良いと思います!
たーとるQはさらに黒煙を描くために「炎天を覆う」とかどうだろう?とも考えましたが、百聞は一見に如かず。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、たーとるQさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「炎天を揺すり黒煙桜島」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

竹野山芋さん、こんにちは。
御句拝読しました。
桜島、噴火しましたねー。
鹿児島には友人がいますし、仕事で当地を訪れたときにはフェリーで桜島まで行ったことがあります。
県民の皆さんは、共に生きているという感じでしょうね。

竹野さんはあちらで幼少期をお過ごしでしたか。生々しい現実味を帯びた思い出ですね。
俳句も光景がリアル、しかも空を揺らすという措辞がイメージにぴったりです。このままいただきます!

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「炎天を揺すり黒煙桜島」の批評

回答者 つちや郷里

句の評価:
★★★★★

竹野山芋さんはじめまして。
土谷海郷(つちやみさと)と申します。
よろしくお願いします。

御句
時事を扱った句ですね。
「炎天を揺する」という表現に噴火の激しさが現れています。

もっと激しくするなら

・炎天が揺らぐ桜島噴火す

「揺する」よりも「揺らぐ」の方が、より強い揺れのイメージになると思います。
「黒煙桜島」という書き方が、わかるようなわからないような書き方だと思ったので、素直に「桜島噴火」としました。
五七五ではなく、八九という破調のリズムにすることで不安感も出たと思います。

次回も楽しみにしてます。

点数: 1

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

風車駆け出す子の手で廻りけり

作者名 さつき 回答数 : 6

投稿日時:

花戻りTシャツにオプティミズムと

作者名 ふっち 回答数 : 1

投稿日時:

春光に君が消えてしまいそう

作者名 鳥田政宗 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『炎天を揺すり黒煙桜島』 作者: 竹野山芋
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ