俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

六花料金0の龍涎香

作者 鬼胡桃  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

香水にも使われている龍涎香(りゅうぜんこう
)は形も色も大きさも違うのが数多く見つかり、今でも高値で取引されてます。一方六花(むつのはな)は、肉眼ではわかりずらいが、形がさまざまで、色は太陽光や場所の条件によってオレンジ、ピンク、金、虹などあります。龍涎香と比べると金銭価値は0円で利用価値もありませんが、冬でしか味わえない風物詩だと思った気持ちを句にしました。

最新の添削

「六花料金0の龍涎香」の批評

回答者 秋沙美 洋

カイさん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

これ語順がバグってませんか?
句をパッと見たとき、「料金0」という言葉が明らかに龍涎香に掛かっています。
龍涎香は物によっては何千万という値段がつく代物ですので、なぜこれが料金0?と混乱します。

後は龍涎香と六花の取り合わせの是非でしょうか。
二者の距離がかけ離れ過ぎだと思います。作者の中では六花と龍涎香の近しい部分を感じているのかもしれませんが、句に落とし込めていません。
その時点で、この取り合わせは「ナシ」ですね。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

泥飛ばし春の嵐を駆け抜ける

作者名 登盛満 回答数 : 2

投稿日時:

秋霞ギャル八人の四声かな

作者名 根津C太 回答数 : 2

投稿日時:

苅田風佐渡にむかふや朱鷺一羽

作者名 村山陽子 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『六花料金0の龍涎香』 作者: 鬼胡桃
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ