俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

畝二つ越えて伸びたる花南瓜

作者 はや  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

家庭菜園でかぼちゃを育ててるんですが、隣の畝を乗り越えて広がっていったり、そこ畑じゃないんですけど…ってところで花を咲かせていたり。そんな自由気ままな様子のかぼちゃを俳句にしてみようと思って作りました。
見たままの状態を詠んだつもりなのですが、時間経過を詠んでるみたいでしょうか…?

畝二つ越えて空地へ花南瓜
も考えたのですが、要素が多いのかも?と思ってやめました。あと「フェンスへ」も浮かんだのですが、思いつきで使うには恐れ多くてやめました。

最新の添削

「畝二つ越えて伸びたる花南瓜」の批評

回答者 鬼胡桃

はじめまして。カイと申します。
句を読みましてストレートな句と感じました。
ただ、イサクさんと被りますが、伸びたるが重複に感じました。花とかの植物は茎とか伸びるので伸びたると言わなくても良いと思います。そのためイサクさんの添削句に一票です。
私最近数句投句しましたので、コメントお願い致します。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、鬼胡桃さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「畝二つ越えて伸びたる花南瓜」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

これはいい句だと思います。風景はしっかりしてます。
かぼちゃは摘芯や摘果をしないと、実のひとつひとつが大きく育たないんでしたっけ。

伸びたる、が説明的と言うか冗長に見えますね。
なおじい様の提案の形がわかりやすい気がします。

・畝二つ越えて花咲くかぼちゃかな

えーと、そしてフェンスはがんがん使っていきましょう。季語になるぐらいに(違)
ただこの句の場合は空き地やフェンスより、嘘でも少し面白い場所のほうが良さそうな気が。

・畝二つ越えて道路の花南瓜

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「畝二つ越えて伸びたる花南瓜」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています!

御句。元気な句ですね!はなかぼちゃ、という言葉もかわいい!
このままもいいですし、越えて、と伸びる、のかさなりが気になるなら、

畝ふたつ越えて花南瓜の◯◯◯
と形容をおいて季語を描写する着地もあります。げば好みなだけですけどね😎

畝ふたつ越えて花南瓜の太
畝ふたつ越えて花南瓜のひかり

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「畝二つ越えて伸びたる花南瓜」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。はや様、いつもお世話になってます。
拙句「先に行け」にコメント有難うございました。登山パーティーにおいて、本当のしんがりは責任重大です。あまり後ろを向けないリーダーの代わりに、事故のないように後ろから色々気を配って歩かなくてはなりません。
でも私の場合は、それほどすごくなくて、はやさんのおっしゃるように、抜かされることなくのんびり歩きたいからかもしれません。よくわかりましたね(笑)。

さて御句拝読しました。これはいい句ですね!
かつて通っていたオフィスの近くに小さな畑があり(※)、季節になるとかぼちゃのツルが伸びて黄色いキレイな花を咲かせていました。それを思い出しました。すごく太いツルが地を這うのですよね?

ご投句そのままでも十分いいと思うのですが、げばさんのご提案句もいいですねー。
私は先ほど自分でそれを褒めたばかりなんだけど、なんだか悔しいなぁ(笑)。
悔しいから私も提案しよう。

・畝二つ超えて南瓜の花咲けり

確かにフェンスは恐れ多いかも・・・。
(※)その頃のオフィスは住宅街にありました。駅までの途中に古い(お化け屋敷のような)旅館があり、その庭に野菜や花が植えてありました。かぼちゃは鮮明に覚えているのですが、あとの種類はよく覚えていません。たまにおじさんが来て世話していました。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「畝二つ越えて伸びたる花南瓜」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

はやさん、こんばんは。溽暑の句へご意見ありがとうございました。新たに覚えた季語なので、また使ってみたくなりましたが、はやさんおっしゃるように因果出ている感じしますね。

御句についてですが、俳句らしく素朴で情景がよく描かれていると思います。コメントにある「気ままな」を入れたら擬人化になって上手くないのでしょうか。よく分りませんが・・・ それから時間経過は特に気になりませんでしたよ。(^^)
・畝二つ越えて気ままな花南瓜
またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「畝二つ越えて伸びたる花南瓜」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。はや様、いつもお世話になってます。

再訪です。
拙句「白黒の日傘」にコメント有難うございました。
そうです、私も、日傘を差しながら合掌するというところに少し疑問を感じました。しかし、
・やって出来ないことではない
・「日傘たたみて」とかにすると、季語の力が弱まってしまうかも
・斎場の人達ではなく沿道の人達のことだから、そのくらいの気の入れ方でいいかも
等を勘案して、「揃ひて」にしました。
これは、読みようによっては、それまで白い日傘や黒い日傘を差していた人たちが、車が来たら(傘をたたんで)揃って合掌した、とも読めるかなとか思いました。

しかしながら、はやさんの鑑賞力とアドバイスの的確さには恐れ入ります。本当に有難うございます。
今後ともよろしくお願いします!

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

冬晴の空の青さよ果てしなく

作者名 ヒロちゃん 回答数 : 3

投稿日時:

焼藷屋今に来るかと耳澄ます

作者名 肥川成可 回答数 : 1

投稿日時:

秋時雨西は光芒降り注ぎ

作者名 ささゆみ 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『畝二つ越えて伸びたる花南瓜』 作者: はや
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ