俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

信号の前に立つ人風薫る

作者 夏音  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

偶然信号の前に立った人に爽やかな初夏の風が吹いて綺麗だった。

最新の添削

「信号の前に立つ人風薫る」の批評

回答者 なおじい

夏音さん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。
この句はいく通りにも取れて面白いと思います。

その1:相手が信号の向かい側にいて、風が吹いて髪や服が揺れた。顔は見えている。信号が変わればすれ違う。その時はまた、違った風が吹きそうだ。

その2:相手がこちらの信号の前にいて(信号を待っていて)、作者は少し離れたところから見ている。同じ風を受けている。顔は見えない。
あの人はこれからどこへ行くのだろう。

その3:相手はやはり信号を待つあなたの目の前にいる。背中を向けて。この場合、五月の風が気持ちいいというより、相手の髪や服の香りにポイントがあるような。この信号、変わらないといいな…。

そんな色々を想像させてくれて面白いですよ!

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「信号の前に立つ人風薫る」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。はじめまして。よろしくお願いします。

「信号の前に立つ」という日本語がおかしいですね。「信号機の前に立っている」と言っているみたいになっています。

これは本当は「信号待ちの交差点?で自分の前に立っている」ということでしょうか?
この句の映像のポイントは「立っている人(女性)?に爽やかな風が吹いた」ということでしょうから、「信号」「自分の前」は女性にはほとんど関係ないのですよね。
俳句十七音に整えるときに、「説明が必要ないシチュエーション」を減らして、重要なポイントを出して整えていくことは大事です。
この句では「自分の前」を減らすべきかな?

・信号を待つ女性へと薫る風

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

スキップの君照らす上り月帰り道

作者名 岡野 陽子 回答数 : 6

投稿日時:

連休や何処行くあてもありません

作者名 山口雀昭 回答数 : 2

投稿日時:

靴下の青春の跡草いきれ

作者名 小野遙士 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『信号の前に立つ人風薫る』 作者: 夏音
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ