俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

薫風や埃まみれの作業服

作者 ちゃあき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

その日の作業内容によっては埃まみれになることも。作業棟も今は窓を開けているので時折気持ちいい風が入って来ます。周りには緑もあるし今が一番いい季節。久しぶりの仕事俳句ですが、ご意見よろしくお願いします。

最新の添削

「薫風や埃まみれの作業服」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。ちゃあき様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。お仕事への誇りが(シャレではありません!)感じられて気持ちのいい句ですね。
しかし私も「埃まみれの」はだいぶ使われてきた言葉だと思いましたので、他の措辞に替えたいと思いました。

・薫風に埃をはたく作業服

仕事終わりのさわやかな光景がでますでしょうか?それとも、薫風が可哀想?いや、説明かな…。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「薫風や埃まみれの作業服」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは!
いつも勉強させていただいています。

御句。すがすがしい仕事中、または仕事終わりを感じました。
自分の作業服というよりは、他の方が仕事をがんばっていて、その埃まみれの作業服に薫風を感じてるのだろうなあ、という読み方でした!また、雨の多い季節い入りますが、お仕事気を付けてくださいね!

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「薫風や埃まみれの作業服」の批評

回答者 鬼胡桃

句の評価:
★★★★★

こんばんは。
句を読みまして、ストレートな句に感じました。
薫風の爽やかさと身を粉にして働き、埃だらけにしてる作業服から感じる暑苦しさの対比を感じました。
句を投句しましたので、コメントお願い致します。
あと、コメントに記してほしいのですが、ちゃあきさんは季語を名詞とみなしてますか?
活用形で連体形と終止形の事を考える時、2つが同じ形の時に季語を名詞と見なして良いのかと考える時が最近ありますので、意見をお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、鬼胡桃さんの俳句の感想を書いてください >>

「薫風や埃まみれの作業服」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

この句はこの句で出来ていると思います。
さらにブラッシュアップするとしたら、「ほこりまみれの」という類想感ある慣用句ワードをいかに脱出するか、というところでしょうか。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

シーサーの守る灰皿冬近し

作者名 ケント 回答数 : 4

投稿日時:

お早うとラジオ体操明け易し

作者名 柝の音 回答数 : 2

投稿日時:

もたれ合ふ石の仏や座禅草

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『薫風や埃まみれの作業服』 作者: ちゃあき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ