俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

昭和は過去や春惜しむシャッター街

作者 つちや郷里  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

テーマ「行く春」
私は平成生まれなのですが、私の住む地域にシャッター街があり、親や上司など昭和生まれの人に「昔は栄えてたんだよ」と教えられてきました。
平成生まれの私にとっては寂れて人通り少なく、活気のない場所という印象しかないその場所を句にしてみました。
昭和は過去であることは当たり前ですが「過去や」と強調することによって、「私の知らない遠い過去」という印象が伝わるかと思って詠みました。

最新の添削

「昭和は過去や春惜しむシャッター街」の批評

回答者 なおじい

つちやさん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。他の句も気づいていたのですが、このところちょっとコメントが停滞しており、昨日くらいからようやく活動再開しました(笑)。
他の句も含めて、つちやさんはコメントがしっかりなさっていて好感が持てます。私のような者には、鑑賞の手助けになりますので有難いです。

さて御句ですが、やはり冒頭から「昭和は過去や」と言い切られてしまいますと、なんと申しましょうか、「はあ、そうお感じですか、それはどうも」で終わってしまうような気がするのですよね。こちらに何も求めていないというか。

・春惜しむ遠き昭和のシャッター街

ちょっと読み手の感情を差し込む余裕が出るかなと思いました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「昭和は過去や春惜しむシャッター街」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

「シャッター街」との取り合わせになりますが、この句は誰が「春を惜しんで」いるのでしょうか?
この句のままだと「シャッター街が春を惜しんでいる」のですが、寂れてしまったシャッター街が「過去の栄えていた時期」を惜しんでいるということでしょうか。それですと、季語の中の「春」が季節ではなく比喩だということになり、季節関係なく『昔を懐かしむ感慨』ということになります。
最初に「昭和は過去や」とわざわざ説明している点からも、その解釈で合っていると思います。

上記の解釈で合っているなら季語「春惜しむ」の用法がおかしいです。季語も季節感も生きてませんね。
先ず惜しむのは「春」という季節であって、そこから付随して「過去」を惜しむのであれば問題ないのですが(高等テクニックですが)。

・行く春やシャッター街の幟旗

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「昭和は過去や春惜しむシャッター街」の批評

回答者 たーとるQ

句の評価:
★★★★★

「春惜しむ」という季語の使い方が惜しいというのはイサクさんの通りですし、そもそもシャッター街は昭和時代から出来たお店からなるものと思うのでイメージが被っているのが勿体ないでしょうか。

折角なので、春惜しむと昭和をそれぞれ押し出して添削してみますか。
・シャッター街の春惜しむ野良猫よ
・行く春や街に昭和があつた頃
・シャッター街は春だけが残りをり

点数: 0

添削のお礼として、たーとるQさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

冬の月探査活動始めをり

作者名 あらちゃん 回答数 : 1

投稿日時:

紅葉踏む倒れたバス停空青く

作者名 理実 回答数 : 0

投稿日時:

要望:褒めてください

病室の暖色の壁たまご酒

作者名 げばげば 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『昭和は過去や春惜しむシャッター街』 作者: つちや郷里
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ