俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ゆふづつやひとつばたごの降る川辺

作者 げばげば  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

「なんじゃもんじゃ」で詠もうとした句ですが、この句の雰囲気なら「ふたつたばご」かなあ。雪が積もったみたいにきれい。

ちょっと難しい型のチャレンジですが、季語は立ってるかなあ。むずー。
みなさんご意見よろしくお願いします。

最新の添削

「ゆふづつやひとつばたごの降る川辺」の批評

回答者 葉月庵郁斗

コメントありがとうございました
上五と下五とも酒ですからね~。
名句に足元にも及びません。
またよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ゆふづつやひとつばたごの降る川辺」の批評

回答者 ささゆみ

句の評価:
★★★★★

げばげばさん、今晩は。
万緑の句のコメントありがとうございます。久しぶりにほめて頂き嬉しかったです。
御句の「ひとつばたご」は初めて知りました。ググりました。繊細な形の花ですね。散って積もると、また、雪のようにきれいなのですね。夕暮れの川辺にぼんやりと白く浮かび上がる花の景色をイメージしました。
また、ご意見お願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、ささゆみさんの俳句の感想を書いてください >>

「ゆふづつやひとつばたごの降る川辺」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

季語ではない方を詠嘆する二物ですね。
「川辺」ですが「降る」が効いているように見えるので、季語は生きているのではないでしょうか。

空の映像からの上五の入りでいいのかどうか?
「ゆふばえ」とか「ゆふやみ」の方が、視線の下がる「降る川辺」と親和性がないだろうか?それだと平凡か?という自問中です。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

枝豆の鞘剥く指のリズムかな

作者名 たーとるQ 回答数 : 4

投稿日時:

秋の蚊に二つ喰われて探すムヒ

作者名 いなだはまち 回答数 : 1

投稿日時:

おもたげにチューバを抱え寒稽古

作者名 ハオニー 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ゆふづつやひとつばたごの降る川辺』 作者: げばげば
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ