俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

さくらんぼ欅繁て空覆う

作者 テリー  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

さんらんぼの みずみずしさを
欅の緑に投影しました。

最新の添削

「さくらんぼ欅繁て空覆う」の批評

回答者 なおじい

てりーさん、こんにちは。
すでに何句かご投稿になっておられますね。拝読していましたがコメントはこれが初めてです。よろしくお願いします。

御句、初読では意味がつかめませんでした。その理由は「欅繁て」の読みがわからなかったことと、さくらんぼとの関係がわからなかったためです。
コメントを拝読しても、さくらんぼのみずみずしさはいいとして、なぜそれを欅に投影?この辺がわかりませんでした。

確かにこの時季は、欅の木は豊かな緑の葉を湛えて空を覆うので、それを句にするのはいいと思いますが、さくらんぼはまた、別の句をこしらえた方がいいのではと思います。

一例ですが、

・薫風や空覆ひたる大欅
・山形の空覆ひたるさくらんぼ

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「さくらんぼ欅繁て空覆う」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

「繁て」は「しげりて」と読むのでしょうか?
字が違いますが「茂」で夏の季語になっており、木々が葉を繁らせる様子を含みますので、実質的に季重なりです。

それよりも問題は、「さくらんぼ」は植物の季語で樹木の実なのですが、樹木の「欅」をぶつけたことで、「さくらんぼが欅に生る」と言っているような違和感が出て、句が混乱しています。
季語「さくらんぼ」ならば、「欅繁て」はまるごとカットですね・・
「空覆う」という比喩も厳しいですね。「桜桃の木」以外の樹木はぶつけにくいのでは。
季語以外がまるごと変わってしまうので提案句が出せません。さて、何をしましょうか・・・

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

熱燗を飲んでケロイド紅くなる

作者名 豆柴 回答数 : 3

投稿日時:

狐火や吾子の姿を見たまほし

作者名 イサク 回答数 : 2

投稿日時:

だから良いもだから悪いも秋の蝶

作者名 卓鐘 回答数 : 11

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『さくらんぼ欅繁て空覆う』 作者: テリー
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ