俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋近し上川盆地の朝ぼらけ

作者 腹井壮  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

皆様、おはようございます。いつも御世話になります。日本最北端で日本一の米の産地である上川盆地の夏を詠んでみました。句意の説明等は不要と仰る方はスルーして下さい。それでは皆様の御意見や添削を宜しくお願い致します。

最新の添削

「秋近し上川盆地の朝ぼらけ」の批評

回答者 いなだはまち

鰯雲好きの唯我独善です。添削ありがとうございます。やはり読む方から👍を戴けることも、俳句を勉強する上で目標でありたいです。ご指導をかぬまっこさんのご指摘とともに次の作句に活かしていきます。

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「秋近し上川盆地の朝ぼらけ」の批評

回答者 かぬまっこ

今日は👋😃わーい\(^-^)/腹胃壮様に紹介して頂いた恋句大賞に入選しましたよ🎵👋😆🎶✨

長谷川 櫂選

🔷遠雷や君を忘れる汽車の旅 鹿沼 湖

佐々木健一という方がなん句も入っていましたよ。
腹胃壮さまに恋句大賞に応募してはと教えていただいたので、ご報告しました。🎶🎵❤✨😃⤴✨

点数: 6

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「秋近し上川盆地の朝ぼらけ」の批評

回答者 ハオニー

「作者の意図に近づける」という意味では、句意は書いた方がいいと思うのです
その意図と読み手の解釈が近くなれば近くなるほど、上達したという成果なのですから、上手くなるにはそういった練習も必要です

感想を
上川盆地を知らない人だと、なぜ敢えてここを選んだのか意図が分かりませんね
具体的な映像化の言葉も心情の描写もないため、抽象的な季語と名詞が連なっているように見えます

添削ではありませんが...
「盆地」や「時間情報」よりも「米」の方が必要な情報だと思うのです
敢えて「上川」を選んだと思わせることが先決だなと

秋近き上川きらら397

「秋近し」は雰囲気しかつくらないので、後半12音できちんと映像化をするとバランスが取れます
その描写が甘かったのだとは思います

必要な情報を抜いてしまったハオニーの失敗よりはマシだと思いますが(

点数: 5

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

「秋近し上川盆地の朝ぼらけ」の批評

回答者 北野きのこ

腹胃壮さんこんにちは。
ご無沙汰しております。

初めてお目にかかる皆さん、どうぞよろしくお願いします。

皆さんのご指摘、ご添削それぞれに深く頷いております。
掲句を一読して、上川地方の豊かな農地の光景が私の脳内には鮮明に再生されました。
私は北海道在住で上川地方にもこれまで色々な形で訪れています。
夜通しの長距離移動をして、明け方に上川辺りで美しい田畑を眺めた大昔の思い出が蘇りました。

ただ、映像が具体性を持つか否かはやはり固有名詞への親しみの度合いに大きく左右されてしまうと思います。
もしも東北の米所を詠んだ句であれば、私にはそれほど大きな共感やリアリティを得られなかったはずです。

そう言った意味でもより広い層に映像を届ける工夫は求められるのでしょう。
またそうする事が、固有名詞への関わりが比較的深い読者の心をより強く打つ句を目指す事にもなるのではないでしょうか。

「米」「田」「農夫」「トラクター」など具体的な映像化に寄与するワードを盛り込もうと試みましたが、音数調整が中々難しいですね。
私も「北海道の上川」である事は明示したい気がするので、なおさら困難です。
固有名詞の代替案として「宗谷本線」「道央道(道央自動車道)」なども考えてみましたが、ここまで来るとクイズの域に達してしまいそう(笑)

以上を踏まえてハオニーさんの「品種名」という発想には大変驚きました。
舞台が北海道である事を押さえつつ、五感にリアルに訴える内容だと思います。

私からは感想しか申し上げられず、恐縮です。
今後も勉強させていただきます。

点数: 3

添削のお礼として、北野きのこさんの俳句の感想を書いてください >>

秋近し上川盆地の朝ぼらけの批評

回答者 三日酔いの防人

腹胃壮様、こんにちは。私は上川盆地を知りませんでした。第一印象からなかなか情景が浮かびませんでした。
また、上五と下五が情景を相殺していると感じましたので、『今朝の秋』などの季語が宜しいかと思いました。
ハオニー様、御指摘のとおり、この句は田んぼが主役でありますのでお米の品種を入れるのもありですね。
私でしたらという所で駄句を失礼致します。
上川の田を抜けにけり今朝の秋

点数: 2

添削のお礼として、三日酔いの防人さんの俳句の感想を書いてください >>

「秋近し上川盆地の朝ぼらけ」の批評

回答者 弥平

腹胃壮さんコメント有難う御座います。
茗荷を食べ過ぎると馬鹿になると母に聞いたが、
正しくは、物忘れが酷くなるそうな。そこで、
『このブログ何しに来たか茗荷の子』
自己の体験に照らして推敲した結果です。
それから、「あさぼらけ」を写生で表わせればと思います。
私なら秋と朝で朝露を連想し、安易に「稲の露」とか。

点数: 2

添削のお礼として、弥平さんの俳句の感想を書いてください >>

「秋近し上川盆地の朝ぼらけ」の批評

回答者 東次郎

こんにちは

何時もお世話になっておりますm(__)m
上川盆地を知らないなら、調べてから鑑賞する配慮が欲しいですね

想像にせよ、現地での写生せよ、雄大な北海道の大地が徐々に明るくなり、一面の稲が光に包まれ色を取り戻す

調べて知り想像してこそ、作者と同じ目線で俳句の感動を得られるのです

点数: 1

添削のお礼として、東次郎さんの俳句の感想を書いてください >>

「秋近し上川盆地の朝ぼらけ」の批評

回答者 東次郎

こんばんは
「草刈り」にコメントを有り難うございましたm(__)m

上川盆地ですが、盆地を外すと福井県 長野県 愛媛県 の地名が出てきますね

すると、作者の想いと異なり読者は混乱しますね

腹胃壮さんは、北海道の雄大な景を詠みたかったのかと思った次第ですm(__)m

点数: 1

添削のお礼として、東次郎さんの俳句の感想を書いてください >>

「秋近し上川盆地の朝ぼらけ」の批評

回答者 いなだはまち

はじめまして、唯我独善と申します。まさか腹胃壮さんからコメントをいただけるとは、、、。は、励みになります。こちらからは、まだ難しくてお礼だけですが、今後もコメントをいただけるよう勉強します。💪

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「秋近し上川盆地の朝ぼらけ」の批評

回答者 いなだはまち

唯我独善です。ありがとうございます。実は、意地でも初恋とか淡い恋とかでなく、11~12才のドキッとした気持ちを青き恋に託してみました。やはりひねりすぎで、分かりづらくしてますでしょうか?。

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「秋近し上川盆地の朝ぼらけ」の批評

回答者 白井百合子

腹胃壮さんこんにちは。
コメント添削ありがとうございます。
師匠は私が蝸牛の句を詠んだ時コメントの中で俊巡までたどり着いて欲しいと書いてありました。
覚えていますか?
有名な人の句をいっぱい読むことも言っていました。
師匠が教えてくれたことばかりです。
ノートにみんな書いてありますよ。
縷々も誰かの句で見ていつか使いたいとノートに書いてありました。
基本は師匠が教えてくれたものばかりです。
感謝しています。
阿波おどりの句はまだ日がありますよね‼
大阪万博のときステージで阿波おどり踊りました。
いい思い出です。
暑さに気をつけてくださいね‼

点数: 1

添削のお礼として、白井百合子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

びしよぬれになりても歩く登山帽

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 0

投稿日時:

雨上がりヤコブの梯子西に出り

作者名 ささゆみ 回答数 : 2

投稿日時:

同性愛アニマなり切り雪のしらべ

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋近し上川盆地の朝ぼらけ』 作者: 腹井壮
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ