俳句添削道場(投句と批評)
嫌佐久さんのランク: 9段 合計点: 24

嫌佐久さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

小春日のとつぱづれ也逃亡犯

回答数 : 7

投稿日時:

手を冷やしやってみねばと秋刀魚刺す

回答数 : 2

投稿日時:

小春日や早や三か月逃亡犯

回答数 : 2

投稿日時:

無花果食ふた宿題全部終へた

回答数 : 3

投稿日時:

いわしぐも保育園児の昼寝かな

回答数 : 4

投稿日時:

嫌佐久さんの添削

「滝壺を出でし流れは青やかに」の批評

添削した俳句: 滝壺を出でし流れは青やかに

公民館講座三年目突入の私です。7月9日に第一回。
 私には『滝壺を/出でし流れは/青やかに』は
五七五の音数合わせで、表現が冗長になっている。
『滝壺を/出し流れ/青し』で五五三で四音余り。
『滝壺を/出し水/青し』 で五四三で五音余り。
五音余りを活用したい。私なら『たぎる』を使い、
『白滾る/滝壺を出て/水青し』なんて、月並み。

点数: 1

嫁からのフエルト帽子サンタ来る

添削した俳句: 頂き物の帽子嬉やサンタ来る

 「サンタ来る」と言えばそれだけで、プレゼントを「頂いて」
「嬉しい」と伝わる。俳句ではくどくど言わないほうがいい。
季語から思い浮かぶことは言わず、季語に代弁させる。』そうな。

 人間本性の喜怒哀楽の感情を表す言葉は絶対に書かない。
教訓や宗教心の言葉「心の瞳・心の目」を書かない。
本当は、『映像を写生して、言葉にして、句にする。』のがが良い。

「防寒帽子・赤色帽子・えんじの帽子・お洒落な帽子」いろいろ試して。

点数: 0

冬近し庭木の頭丸く剪る

添削した俳句: 冬を待つ庭木の天辺丸く剪る

季語 春を待つ 角川俳句歳時記『春を待ちわびるという思い』
季語 秋を待つ 角川俳句大歳時記『早く秋になって欲しいと思うこと』
傍題 冬を待つ 角川俳句大歳時記『冬燐の傍題で、冬近しの後に記載』
 春と秋は期待して待つが、冬は厳冬を覚悟して身構えて待つ特異な意味。
庭木の擬人化をやめて、わかりやすい『冬近し』に変える。
これにより明確な切れが入った。『冬を待つ庭木』では切れてない。
 意味は明確になったが、何を見たのか何を感じたのかが不明。

点数: 0

心なき書き込み一つ屁こき虫

添削した俳句: 心なき書きこみひとつ冬薔薇

 心なき書き込みをする人を強く侮辱する季語を探した。
秋の季語で 『放屁虫【へひりむし】』 傍題 『へこき虫』『へっぴり虫』
はいかがかな、争へばどうせ屁っ放り腰で対応する嫌われ者め。
 小林一茶は放屁虫に関して13句を遺しているそうな。

点数: 0

雪解道やけにあなたのおおきくて

添削した俳句: 雪解道やけにあなたはおおきくて

 NHKの兼題で『雪解』の傍題『雪解道』を検索して、この句に遭遇した。
私は『やけにあなたはおおきくて』と、誰かに言われたと解釈する。すると、
『あなた』は作者自身になります。平仮名で綴った効果はやけに長い印象です。
 私は妻に『あなたのおおきくて』と言われた事がある。言われてぎょっとした。
なぜ比較できるのか。助詞『は』を『の』に変えて、お色気川柳の完成だ。
雪解け道 広辞苑で『雪どけのぬかるんだ道』を好色に連想する私だ。

点数: 0

嫌佐久さんの添削2ページ以降を見る

トップページへ
添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ