俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

かげろふやパンダすいすい木にのぼる

作者 げばげば  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

百千鳥は火曜日にて終了。イサクさん託しましたぜぃ(^^♪ 木曜以降を!

パンダって意外と木登り上手なんですよー、知ってました??

みなさんご意見よろしくお願いします。

最新の添削

「かげろふやパンダすいすい木にのぼる」の批評

回答者 ちゃあき

 こんばんは。いつもありがとうございます。ほんと、イサクさんの御指摘には目のウロコが落ちる思いがしました。
 御句の感想です。可愛いパンダが目に浮かびました。季語との取り合わせがアンバランスな気もしますが、逆にそこがパンダと合っている気もします。どことなくのどかな雰囲気があって、とても好きな一句です。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「かげろふやパンダすいすい木にのぼる」の批評

回答者 長谷機械児

句の評価:
★★★★★

げばげばさん、こんにちは。

こちらも並選。おざなり期間中の投句ながら名前があってほっとしています。
(あからさまな嘘の句と、大いなる擬人化の句の2句投句して、嘘の句が選ばれました。まあ、順当だろうなあ)

御句について。

陽炎とか逃水とかいった季語は、“春暑し”を具体的に視覚化したようなものと思うのですが、元気なパンダと合うでしょうか。
「パンダは何だか元気だけど、私はちょっとついて行けない…」という、五月病のようなネガティブな解釈をしてしまいますが、「すいすい」という語を措くところからすると、ネガティブな句を作る意図でもないような。

 あたたかやパンダすいすい木にのぼる (穏当な季語)
 夏近しパンダすいすい木にのぼる   (〃)
 かげろふや木登るパンダ見てをりぬ  (五月病モード)

今後ともよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、長谷機械児さんの俳句の感想を書いてください >>

「かげろふやパンダすいすい木にのぼる」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

コメントありがとうございました
取り合わせに
衝撃を受けたのは
伝説のゲバゲバ様のいもむし
最近ではナン俳句を見て
チャレンジしたくなりました。
またご指導よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「かげろふやパンダすいすい木にのぼる」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

・百千鳥について
今の仕様になってから、火曜日より進んだことがない卓鐘です。あの仕様になって、月曜日にすら載らない人もたくさんいるなら、火曜日だって並選ですからねぇ。悪い句なわけではないと思いますよ。「1000hzほどの碧」はよくわからなかったけど^^選ばレているということは一定評価されている句だと。(僕は、百千鳥とはと言ウカらには詩的本質をついて欲しいけど音(しかも1000hzという普通な感じ)と色にだけ限定したのがもったいないと思った)
※月曜の句でも、え?この句結構いいのに。と思うことも多々ありますw

・「かげろふ」の季語について
季語の捉え方は刻々変化するしこれが正解というものではないけれど、コメントにある「陽炎」が「春暑し」の視覚化だというのはちょっと違うと思います。春の気象のうねりではあるけど、その雰囲気ののどかさ、世の儚さみたいなところが本意ではないかなぁ。春の急に暑くなる時の感覚とは違う気が。。

・御句について
と、いうことも踏まえても、僕にはごめんなさい。取り合わせの遠さを感じました。どんな風に響き合ってくるのかの足がかりを見つけられずにいます。。

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「かげろふやパンダすいすい木にのぼる」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

わざわざ再訪ありがとうございます
いつの間にか作句の方法であるのに
リコーダーや高僧、渡月橋も
実景からの季語に寄せての写生=つながり=
取り合わせでないと勘違いしてました。
季語と全然違うものをただ単にくっつける
のが取り合わせと思ってましたから~(笑)
ほんと助かりました。

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「かげろふやパンダすいすい木にのぼる」の批評

回答者 しゅうこう

句の評価:
★★★★★

げばげば様

いつも有難うございます!

囀、季語…(^^;)覚えておきます!
「や+かな」はタブーであると勉強していたので色々考えた結果でしたが、切れ字には18字ある…勉強不足でした…苦笑
俳句の焦点、と言う事ですか。。考えてみたいと思います。

御句、パッと昆虫のカゲロウが浮かび、すいすいと結びついたのですが、すいすいはパンダがだったと言う戸惑い、そしてかげろふは陽炎なんじゃ?と読み直して、パンダがすいすい木をのぼるのが陽炎のようにぼやけているのか…? など、私には謎解きのような作品でした!(^^*)

点数: 1

添削のお礼として、しゅうこうさんの俳句の感想を書いてください >>

「かげろふやパンダすいすい木にのぼる」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

ここからは全ボツのプレッシャーと戦うチキンなイサクです。
託す?・・・(´・ω・`)

そして二回しか行ったことないですが南紀白浜AW大好きなイサクです。
御句、どこで「陽炎」が見えているのか・・・?パンダ舎の中?そんなに気温調整されていないのでしょうか?という風景的な違和感が。
いずれにせよ動物園だとして、「陽炎」はもっと物理的距離の遠い季語のように思います。

そういう意味では長谷様の提案句はどれも納得です。
三句目は「パンダ」と精神的距離を置いてますね。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「かげろふやパンダすいすい木にのぼる」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。げばげば様、いつもお世話になってます。
某ポスト、火曜日まで行ったのはさすがです。選にお入りになったのですから。

さて御句拝読しました。すみませんが、よくわかりませんでした。
取り合わせが理解できないのは私が勉強不足だとして、季語以外の十二音の面白みが今一つ感じられませんでした。
確かにパンダが木登りというのはあまりピンときませんが、彼らは熊ですから、あながち意外でもないような。
それと、すいすい木登りというすいすいに違和感が。すいすいというと泳ぎが得意みたいで。木登りだとなんだろう?どんどんとか、ガシガシとか?
さらに、なぜみんなひらがなで?という疑問がありました。
げばさんだから細かいことを申し上げました。鑑賞力がなくてすみません。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

背に浴びて農夫のひとり夕焼けぬ

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 2

投稿日時:

吾子のまた病得しこと夏の草

作者名 知世 回答数 : 5

投稿日時:

学食の欠けて罅いる椀と皿

作者名 黒徹 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『かげろふやパンダすいすい木にのぼる』 作者: げばげば
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ