俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

雑草の毟る手の中花すみれ

作者 佐渡  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

久しぶりに庭の草を取った時、草の中に小さなすみれが咲いていた。
草を刈るを止めてむしるとした。それとすみれはひらがなにした。
始めは「花すみれ雑草の中に隠れるごと」

最新の添削

「雑草の毟る手の中花すみれ」の批評

回答者 イサク

おはようございます。

コメントを読んで、「草の中の小さな菫」を詠みたいならば、それで一旦わかるように描くべきだったのでは・・・と思いました。
それを、時間軸を長くして「草を毟る」と入れたり、「手の中」と表現したりなど、自分の存在を主張してしまい、失敗している感じがします。

なのでコメントの元句に近い形から、再度の推敲をお勧めします。

・雑草に隠れるごとし花菫
・庭掃除して片隅の花菫

などですね。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「雑草の毟る手の中花すみれ」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

おじさん様、こんにちは。
御句拝読しました。これはいいと思います!雑草の中に可憐な春のすみれを見つけた感動ですね。
当然、そのすみれはむしることなくそのままにしておかれたのではと思います。
そういうことで、ちょっと私の感想を申し上げますと、原句では手の中にすみれ、となっていますので、誤ってむしってしまって後悔している句のように読めます。そうではないですよね?
また、上五「雑草の」の「の」は「を」のほうが自然ではないかと思いました。

・雑草をむしる手の止む花すみれ

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「雑草の毟る手の中花すみれ」の批評

回答者 鳥越暁

句の評価:
★★★★★

こんにちは
拙句「不調」の句への励ましのお言葉ありがとうございます。著名な俳人でもあるようなので私などは当たり前と開き直っていきたいと思います。

御句について
「毟る」という表現が【花すみれ】には強いかなとおもいます。
◆雑草を取る手の先に花すみれ

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

雑草を抜く手の先の花すみれ

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

現句、花すみれが毟り取られた後の事を描いているように見えますが、これでは花すみれがいくらなんでも可哀想では…
花すみれは抜かずに愛でたく思います。雑草も毟るのではなく「抜く」くらいでどうでしょうか。

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

菜園や草抜きかへる筆の花

作者名 白井百合子 回答数 : 2

投稿日時:

ランドセル準備する夜こどもの日

作者名 ゆるくわ 回答数 : 2

投稿日時:

卯波寄す音届きたる庵かな

作者名 さつき 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『雑草の毟る手の中花すみれ』 作者: 佐渡
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ