俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

萌え山に鳥声いくえ春を浴む

作者 Sim1  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

すみません再提出です
(そんなのアリでしょうか…?)

最新の添削

「萌え山に鳥声いくえ春を浴む」の批評

回答者 さび

こんばんは。初めまして。
春の陽気があふれる句ですね。

萌え山は山笑ふという季語があります。
鳥声は他の方もご指摘されていますが囀りという季語があります。もしくは鳥語。こちらは季語ではありません。
下五の春を浴む。この感性は素晴らしいと思いました。全身で春を感じ取ったのですね。春らしい日を春日和という季語で表現できます。
焦点を絞って行きましょう。詠みたいのは山ですか?鳥達の声ですか?春爛漫の一日ですか?

降りそそぐ鳥語に山の笑ひ初む
囀りを全身で浴ぶ山路かな
春日和歌ひ上ゆく鳥の声

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、さびさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「萌え山に鳥声いくえ春を浴む」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

再投句自体はかまわないと思いますが、コメントで言われたとおりに直しても「ああ、直しましたね」となって再コメントしづらいので、そのあたりはご配慮を・・・

で、御句は独自で手直しされたところが多いので、そういうことにはならないのですが、いろいろと・・・
◆「萌え山」・・造語でしょうか?ちょっと乱暴な言葉の使い方に見えます。「萌ゆ」「萌える」の連体形(名詞を修飾する形)は「萌ゆる」「萌える」なので。
 「萌え山」という固有名詞ではないですよね?
◆「春を浴む」・・上五に(造語っぽいですが)「萌え」を出しているので、季重なりっぽくなっています。
 あと「春を浴びている」のが「鳥声」みたいにつながって見えますね。本当は「作者・自分」だと思うのですが・・・
◆「鳥声いくえ」・・前回は指摘しませんでしたが、春の季語で「囀り」「百千鳥」という鳥の鳴き声の季語があります(調べてみてください)。それと同じことを言おうとしているとしたら、季語を使わなくとも季節感のある言葉です。
 その場合「萌え山」「鳥のさえずり」「春を浴びる」という、春の季語っぽい言葉がみっつ並んだ状態になってしまい、この句の「本当に言いたいこと」がわからなくなってしまいました。前の句では季語「山萌ゆ」を使いつつ「鳥の声」を強調していたのですが・・・

春を感じる「季語」を、一句の中で明確にひとつにして、季節感はその季語に託して、別のことばを補っていった方がよいかもしれません。
御句も主役がわからなくなるぐらいなら、「山萌える」で一句、「さえずり」で一句、別々にする手もあります。
「春浴む」「春を浴びる」はご自身の感想なので、この句では他に季節感を感じる言葉が盛りだくさんですから、他に季節感の言葉がない俳句で使ってみましょう。

例えば
・山萌えてトレイルランの足軽し
・山間のさえずりの濃く幾重にも
・ジョギングの皇居外周春浴びる

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「萌え山に鳥声いくえ春を浴む」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

Sim1さん、こんにちは。
御句拝読しました。再提出とのこと、前の句にコメントをした一人として、本句にもコメントさせていただきます。

正直に申し上げて、良くなっているとは言いませんよ難いです。
先にイサクさんがとても丁寧に詳細に解説してくださっていますので、私は多少乱暴でもご容赦ください。

まず、「萌え山」。そもそも山が萌えるという表現自体があまり一般的ではないですし、季語なのかよくわかりませんが、それはまあいいとして、萌え山はないでしょう。山が萌え、ならわかりますけど。
次に鳥声。このサイトのメンバーに鳥越さんという方がいらっしゃいますが、鳥声とは普通言わないのではありませんか。「鳥の声」ですね。
春を浴む。これもどうでしょうか。春を浴びるというでしょう。どれも、なんとか色々詰め込もうとして短くしてしまった感じですね。

・鳥の鳴くトレランコース草萌ゆる

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夜桜や淡き輪郭もて散りぬ

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 4

投稿日時:

ワンコールのみの電話やこどもの日

作者名 ちゃあき 回答数 : 4

投稿日時:

柿の葉のはらりと落ちて役目終え

作者名 コウ 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『萌え山に鳥声いくえ春を浴む』 作者: Sim1
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ