俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

朝霞二個のライトの龍の目

作者 佐渡  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今朝は霞が濃くて遠くから来る車のライトが迫って来る様子を龍の目とした。
龍は見たことありませんが。

最新の添削

「朝霞二個のライトの龍の目」の批評

回答者 なおじい

おじさん様、こんにちは。
御句拝読しました。
おっしゃる意味はわかります。光景は浮かびます。ただ、「私は」という
注釈が付きます。
おじさん様がこれを読んで。意味がすんなり通るかどうか。今一度、投稿前に見直してご覧になるといいと思います。そうすれば、字足らずのリズムの点もお気づきになると思います。

朝霞は季語でありますが、私はつい、埼玉県の自衛隊朝霞駐屯地を思い浮かべ、「こりゃまたレアな地域を」と思ってしまいました。

ライトはまあ、わからないではないですが、車のとかヘッドランプとかにしたほうがいいですね。しかしそうすると、十七音ではキツイです。ですから私は「龍の目」の目をやめてみました。あと、ライトも、春暁や春霞なら点灯するだろうと、これも取ってしまいました。

・春暁や迫る車は龍のごと
・春霞車は迫る龍のごと

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「朝霞二個のライトの龍の目」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

下五「りゅうのめ」だったら四音で字足らずですが、他の読み方はありますか?

比喩の俳句なので、いかに比喩を比喩だとわかりやすく説明するか、となると思います。
「二個のライト」では車のライトだとはわかりにくいですね・・・「ヘッドライト」で同じ音数なので、そうしましょうか・・・。

・朝霞龍の眼のごとヘッドライト (下六字余り)
・朝霞ヘッドライトは龍の眼なり (下六字余り)
・龍の眼のヘッドライトや朝霞
最後の一句は字余りしていませんが、比喩だとはわかりにくい気がします。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

牛乳の鼻ちょうちんも愛しい春

作者名 いなだはまち 回答数 : 1

投稿日時:

軒下の風船萎んで落ちにけり

作者名 青山五郎 回答数 : 1

投稿日時:

旅先の手みやげ並べ春惜しむ

作者名 くまた 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『朝霞二個のライトの龍の目』 作者: 佐渡
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ