俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

材木店木の香の強し春の雨

作者 佐渡  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

材木店の前を通って散歩に行く。雨の日は特に木の香りが強くなる。

最新の添削

「材木店木の香の強し春の雨」の批評

回答者 イサク

こんにちは。

あ、げばげば様、なおじい様と意見が割れました。

「材木店」とあれば「木の香」とつけなくても木の香りを感じます。
ですが、この句は「香りが強くなった」と言いたいので「香」は残します。
「材木店の香り」で、材木以外の香りは考えられますか?
(厳密にはチェーンソーのエンジン燃料の香りや、木材加工の摩擦で焦げる香り、接着剤・塗料の香りもするかもです。経験上。ですがそれらは理屈での話なので)

「香りの強し」の「強し」は説明的な形容詞だと思いますので省略します。
「材木店の香り」と言い切って季語「春の雨」を最後に出せば、晴れている時とは違う香りを感じるでしょう。ここは句の受け手と季語を信用します。

上に書いた通り「春の雨」は下五のまま(季語「春の雨」で「晴れのときとは違うよ」というネタバレをしている感覚)で、上五字余りになる提案句です。

・材木店の薫り立ちけり春の雨

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「材木店木の香の強し春の雨」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんばんは!
いつも勉強させていただいています。

木の匂いを感じるって、俳句はじめたから私も気づいたようなところもあります。
材木店と木の重複、材木と言えば、店か材木置き場かある程度「店」は想像の範疇に入ります。あとは、コメントの中の、春の雨だから強い、という因果の雰囲気は多少気になりますが、句自体ではそこまで因果関係は感じませんでした。その辺りを解消して

材木の香りあざやか春の雨

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「材木店木の香の強し春の雨」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

コメントありがとうございます
色々本で勉強してますが
道場で添削して頂いている内容が
一番勉強になりますね。
またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

人妻を想ひ溽暑のウヰスキー

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 5

投稿日時:

夏の水童笑顔のアフリカよ

作者名 鬼胡桃 回答数 : 2

投稿日時:

大根で人を殴って殺すかな

作者名 たたたた 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『材木店木の香の強し春の雨』 作者: 佐渡
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ