俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

橋の下に花屑ひとつ流れ来る

作者 卓鐘  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

そのまま

最新の添削

「橋の下に花屑ひとつ流れ来る」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも的確なコメントありがとうございます。

御句、上六や叙述型の「流れ来る」、花屑の選択、どれも、違う形にできそうなのになんでかなあと、悩んで、なかなか返事を返せず。
花の屑、花の塵を下五に置く形や、花びらにする形もありそうですし。
と思ってたら、ダブルミーニングだったんですねー。それを読み取るのは難しかったですが、実は別のストーリーも持ってたわけですか。面白い試みですね(^^♪ 

卓鐘さん、私が遠い存在なんてとんでもない^^
卓鐘さんからの忌憚ない言葉を失礼と思ったことも一度もありませんしね(*'▽')
また、私が自分に酔ってるだけのときやひとりよがりの句を詠んでるときは、ぜひ忌憚なく指摘をくださいね!そういう指摘はありがたいものです。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「橋の下に花屑ひとつ流れ来る」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

「花筏」ではなく一枚の花びらなのですね?
では「花屑」ではなく「花びら」を使いたいかなあ・・・と思いました。季語「花屑」にはある程度の量がある(だから「屑」に見立てている)イメージがあるので。

一枚に注目して「花屑」を使っていて違和感ない句も多いので、好みはあるのかもしれません。

「橋の下に」「流れ来る」は、俳句の雰囲気調整や音数調整で・・・

・ひとひらの花びら橋へ流れ寄る

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「橋の下に花屑ひとつ流れ来る」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

卓鐘様 おはようございます。いつもご指導ありがとうございます。
頭の中で考えてしまうと風景が切り取れないことが良くわかりました。
勉強になります。

御句のようにひとつの風景を詠みこむと読み手にその情景が浮かびます。
今は犬も歩けば棒に当たる式です。
これからもご指導よろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「橋の下に花屑ひとつ流れ来る」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

早速の添削ありがとうございました
上五中七までは
出来上がっていて季語選びで悩んでいましたが
そもそも季語の解釈が間違っていたのですね
勉強になりました

点数: 0

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「橋の下に花屑ひとつ流れ来る」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

卓鐘様 こんにちは!いつもご指導ありがとうございます。
ムスカリと香りとを離すバラバラな句になっていました。
勉強になります。
花屋を覗くと花の名前もカタカナの多くなったと感じています。
これからもご指導よろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「橋の下に花屑ひとつ流れ来る」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。卓鐘様、いつもお世話になってます。
拙句「蝶よ蝶」にコメント有難うございました。まるで心の中を覗かれているよう!
と言うか、そのように読んでいただければ、お題が替わっても出した甲斐があります。確かに言葉選びや詰めは今一つと思いますが、根本のところでご理解いただけて嬉しく思いました。

さて御句拝読しました。私は浅学にして花屑という季語を知らず、つい最近知りました。桜が散って、言い方は悪いが屑のようになっているのだと。今朝の私の通勤路の桜並木も、花びらとガクが積もるほどになっていました。ああこれが「花屑」かと思いました。
そのため、御句の「ひとつ」に違和感を覚えました。花屑をひとつと数えるのだろうか?と。

私の理解が正しければ、

・流れ来て花屑淀む橋の下

とかになるだろうとと思いました。

しかし、花屑と言っても、ほうきで履いてちりとりで取るような、そういう風情のない解釈ではダメなようですね。

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

車内から月もはるばる霜夜かな

作者名 翔子 回答数 : 2

投稿日時:

行く春や昭和を拾らふボランティア

作者名 土谷海郷 回答数 : 2

投稿日時:

うたた寝のベッドの白さ原爆忌

作者名 朝野光 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『橋の下に花屑ひとつ流れ来る』 作者: 卓鐘
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ