俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

吾と君の間を抜ける胡蝶かな

作者 いくたドロップ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

蝶がぼくときみの間を通り抜けていきました

最新の添削

「吾と君の間を抜ける胡蝶かな」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。何か元ネタありそう。というかどこかで見たかなあ、ドロップさんのどこか、違うかなあ。
胡蝶とは子規のようで格調高い!それでいてドロップ君俳句。二人の間を蝶で表すのですね😆このままいただきます!

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「吾と君の間を抜ける胡蝶かな」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

御句、もしかして元ネタがなにかありますか?
なんとなく頭の中で作ったような説明感を感じます。
報告的な雰囲気があり、この「胡蝶」の映像が見えてこないというか・・・

理由を考えていたのですが、「抜ける」という現在形への違和感はある気がします。
コメント「通り抜けていきました」とあるとおり、今回の場合は描写にするなら過去形か完了形が普通で、「抜ける」ではこれから抜けることを予測しているような?
さらに、通り過ぎてしまって近くにいないような「胡蝶」を「かな」で受けているので、余計にそういう感じが出ているのかな?と思いました。

・吾と君の間を抜けて蝶どこへ
・吾と君の間をまたも蝶抜ける

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「吾と君の間を抜ける胡蝶かな」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。「君」俳句の大先輩、いくたドロップ様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。これは悲しい句ですね。寄り添っていれば二人の間を蝶がすり抜けていくことなどないだろうに。
仲のいい二人が手を繋ぐのは、その間を誰も通さないようにするためという話を聞いたことがありますが、仲のいい二人であれば、蝶すら、いえ、春の風すら吹き抜けて欲しくないでしょうね。まして秋の風は…。

話が膨らみ過ぎました。

少し距離の出来た二人の間を抜けていく蝶を見ながらの、心のつぶやきですね。このままいただきます。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「吾と君の間を抜ける胡蝶かな」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

いたくドロップ様 こんにちは。いつもご指導ありがとうございます。

胡蝶がポイントですか。
源氏物語の胡蝶?
二人の間を嫉妬する胡蝶ですかね?

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

異世界の扉夜店の裏にあり

作者名 鳥越暁 回答数 : 8

投稿日時:

憧れは空の青さや鮃の目

作者名 いなだはまち 回答数 : 3

投稿日時:

春の朝茜の空へひた走る

作者名 佐渡 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『吾と君の間を抜ける胡蝶かな』 作者: いくたドロップ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ