俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

花見酒コロナ前に蘇り

作者 青山五郎  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

蔓防も終わり普通に花見で酒を酌み交わすグループ見て此の儘終息して欲しいって詠みました。

最新の添削

「花見酒コロナ前に蘇り」の批評

回答者 なおじい

肥川成可さん、こんにちは。
お花見で以前のように飲むグループを見かけましたか。それは何より。

なんだか、このコロナ禍で、私たち日本人が今まで普通に続けてきた各種の行事、風習、生活等の様々なことが大きく変化するような気がします。それはいいことなのか、悪いことなのかわかりませんけど。

御句拝読しました。
まず中七が字足らずになっており、ちょっとリズムが悪いと思います。

それと、御句単体では「もう元に戻ったなぁ」という意味になりますが、コメントでは「元に戻りたいものだ」とおっしゃっていますよね。
この微妙な違いは、目にしたグループはたまたま蘇っていたけど、世の中全てがこのように蘇りたいものだ、という気持ちからですよね。
そこを詠めるかな。

・堂々とやれる日いつか花見酒
・花見酒いつかシートで車座で
・願わくば昔のやうな花見酒

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「花見酒コロナ前に蘇り」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

気持ちだけの句は、俳句としてあまり好ましくない上に、お気持ちを否定するみたいになるので添削しにくいところがあります。それを前提として、

「コロナ前に蘇り」は日本語としてちょっとおかしい気がしますね。
中六の字足らずでもあります。
コロナの前に戻りたい、戻ってほしいという気持ちを出したいならば、季語「花見酒」ではわかりにくいかもしれません。すでに目の前でコロナに関わらず「花見酒」してますから。
気持ちの句なので、季語は他人が選びにくいですねー。
直球で読むならば
・春愁やコロナの前に戻りたし
このような気持ちを他の季語に乗せられるかどうか、です。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

青桐や子連れの母の乱れ髪

作者名 さつき 回答数 : 2

投稿日時:

突きざりし受け皿のなき心太

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 5

投稿日時:

要望:厳しくしてください

金槌の音の新年を起こしけり

作者名 宮武桜子 回答数 : 22

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『花見酒コロナ前に蘇り』 作者: 青山五郎
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ