俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

マスク下知る間柄猫の恋

作者 なおじい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんにちは。まだ前句「解体を待つ駅ビル」の句が期限内ですが、これもお題が変わらないうちに置かせてください。
実はこの句は、げばさんが負乗さんに寄せたコメントの中にヒントを得て出来ました。お二方、掲載許可お願いします(笑)。

最新の添削

「マスク下知る間柄猫の恋」の批評

回答者 佐渡

なおじい様 さっそくご丁寧な解説をありがとうございました。
大変参考になり重ねてお礼申し上げます。
これからもご指導よろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「マスク下知る間柄猫の恋」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。マスクの下を見たことがある人って、今や、家族か恋人か、、というところですから、マスクで今は関係性を表せるとは思います。なので、マスクなき、という措辞で私も詠んでみました。はじめてマスク下を見るときって、洋服を脱ぐくらいの恥ずかしさなのかも(^^♪
許可とかないですけどね(^^♪好きなように好きなように!
フルポン村上さんの句
テーブルに君の丸みのマスクかな
も、あのころは純愛の句でしたが、
今や、二人はかなり深い関係なのだなと思ったりもしますもんね。

さて、上五中七が、二人の間柄の説明であるようには感じます。
客観的に見て、二人の間柄が分かるわけではないので。
詠み手と誰かの間柄としてとる句なのかな。俺たちはマスク下を知る間柄だもんなあということなのかな。そうでないと、はたから見て、二人の間柄は見てはわからないもんな、という悩みでした(^^♪

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「マスク下知る間柄猫の恋」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

「猫の恋」という季語とつながる理屈を感じてしまう句ですね。
上五中七に風景がないというか、この句はどんな風景を見せたいのでしょうか?という問いに答えられない句、というか・・・上五中七と季語「猫の恋」がお互いに説明しあっている感じ、というか・・・

風景の出る季語に変えると、二人の間柄も見えて来るかも。句意が変わってしまいますが。

・マスク下知る間柄春の海
・マスク下知る間柄春炬燵

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「マスク下知る間柄猫の恋」の批評

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

拙句・・素直な感想ありがとうございました。私も著名俳人の取り合わせの句のほとんどは、分かりません。「分からない。パス」でいいのではないでしょうか。句は解説するとつまらなくなるので、自解は敬遠させてください。
御句・・他の方と重なりますが「間柄」が映像がなく、説明的ですが、この季語を入れての提案句は考え付きませんでした。
句意は全く異なりますが、

素顔知る君のマスクや春灯

点数: 1

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

「マスク下知る間柄猫の恋」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

なおじいさん、こんにちは😊
拙句「木蓮や~」へのコメントありがとうございました。お褒めいただき嬉しいです😅

''マスクを外すのが恥ずかしい''という人々が、今、多数出現しています(笑)
私どもの学生時代に流行った「パンツをはいた猿」ではないですが、似たように成ってますね…(笑) (ちょっと下品かな…)
密かな、''ぞくぞく感''が一つ増えたのかも知れませんね…
''俺だけに見せてくれるそのマスクの下''って感じになりますかね…(あ、パンツは忘れて下さい!…)
おもしろい句だと思います。かなり艶ですね。読み込むと、やはりちょっと''ヤバい''っすかね…

また宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「マスク下知る間柄猫の恋」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

こんばんは。片栗の~句へご意見ありがとうございました。片栗粉をひく水車の連想はなおじいさんのご想像通りで・・・と言うのはウソ。粉はひいてませんけど公園内にあるのです。オノマトペの案も考えましたが上手くいきませんでした。
 さて、御句ですが妙な人間関係像が出来上りつつありますねえ。俳句の種としては面白いですけど困ったものです。
・マスクずらしちょっとだけよと猫の恋  川柳ですね・・・

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ねぎ刻む音に目覚めし頃のこと

作者名 よし造 回答数 : 2

投稿日時:

冬眠の蛇の眼にまだ殺意

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 1

投稿日時:

風鈴の音色変はりて今朝の雨

作者名 白井百合子 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『マスク下知る間柄猫の恋』 作者: なおじい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ