俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

猫の恋男二匹と果たし状

作者 葉月庵郁斗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

メス猫をめぐってオス猫が争っている様を詠みました。
中七の「と」にしたのは
二匹の猫の間に果たし状がある光景を
出したかったからです。
擬人化を意識しましたが
成功しているのか?
発想が陳腐かな~
不安です。
添削よろしくお願いします。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「猫の恋男二匹と果たし状」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

「擬人化は難しい」はすでに知っていらっしゃるようで・・・

ちょっと厳しめになりますが
◆擬人化チャレンジはよいとして,なぜ中途半端に????
◆中七下五「男二匹と果たし状」の部分、たぶん「オス二匹で喧嘩」と言いたいんだろうなあ・・・という予測はできますが、「男」の擬人化のあとでわざわざ動物に戻り「二匹」。その後で今度は、猫に関係ない「果たし状」まで登場して・・・
 「オス二匹で喧嘩」を、これほど難解にする必要がありますか・・・?
 季語「猫の恋」を比喩気味に使って、本当は人間の「果たし合い」なのでは?とも思いましたが、コメントにはっきりと「擬人化」と書いてありました・・・
◆「果たし状」なぜこれにこだわる必要があったのか、が謎のままです。
 「二匹の猫の間に果たし状がある光景」いやいや、果たし状はそこにはないですよね・・・?
 つまりこの「果たし状」はファンタジーなわけですが・・・なぜその光景にこだわったのでしょうか・・・?

・猫の恋男二匹の果し合い
これぐらい↑ ならば意味はわかりますが、季語「猫の恋」に含まれる意味を、擬人化を使って説明しているだけの提案句です。

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「猫の恋男二匹と果たし状」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

いくさん、毎日投句がんばってますねー。いろいろなチャレンジをしようとしているのがとても好感を持てまするー。

さて、御句。グレーな句ですね。取り合わせなのか一物の擬人なのか。
取り合わせるときは、季語でない部分は季語と無関係なものをぶつけ合わせるべきとよく言われますが、そうでないと、ついつい、残りの12音が季語の説明になったり、季語に含む内容を改めて出してしまうことがよく起きるからだと思います。
猫の恋という季語が、「猫の発情期で、ときに雌猫をめぐって雄猫同士が喧嘩をする、そういう声が聞こえてくる」という意味を含む季語だということは、中七下五が、猫の恋という季語を擬人化を用いて説明した句になるということではあります。
思い切って、中七を人間の果し合いにしていくという手もありますが、
猫の恋男二人と果たし状
これも、少し季語との近さはありますね。

いくさんは、早くもいろいろなチャレンジをされていますが、季語と季語に関係あるモノで詠むパターンがほとんどなので、
12音の俳句のタネと季語を合わせる、俳句のタネは季語と直接は関係ないものを、という形の取り合わせも練習してみるといいかもしれませんね。俳句の幅がぐっと広がってくるかもしれません。
たとえば、自分の句なので、うまい句ではありませんが、
かざはなやひざ(ひじ)にこぶたのあっぷりけ

風花(雪)とあっぷりけは直接無関係のものですが、組み合わせて、その周りにある光景を想像させてみる、というような感じです。
園児かなあ?元気なこどもが走り回ってて、ひらひらと風花がまってるのかなあ。

いろいろチャレンジしてみてください。次の句も楽しみにしてますー(^^♪

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「猫の恋男二匹と果たし状」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

いくさん、こんにちは。
御句拝読しました。すぐにコメントしたかったのですが、全社的なシステム障害でトラブっている間に、先にお二方がコメントしてくださいました。
私のお伝えしたいことを私より的確におっしゃっています。そうなると、私のコメントはどうでもよくなるのですが、それも悔しいので(笑)、私も蛇足と思いますがコメントします。

まず、なぜオスとなさらなかったか?まあ、「男」とするならそれも面白いですが、それなら「二人」でしょう。世の中で、「男二匹」とは言いませんよね。「男一匹」はありますが(笑)。
次に「と」。これも難しい。「男二匹が果たし状」ならまだわからないでもないですが、男二匹と、だと他の誰かがこの二匹と果たし合いをするみたい。

そもそもこの「果たし状」、これは猫には書けませんよね?

提案句としては、

・猫の恋雄の二匹の果たし合い

になりますが、イサクさんのおっしゃるように、この中七以降は猫の恋のことで、「季語=それ以外の部分」という、あまり面白くない構成(季語の説明)になります。
それならまだ、

・春の宵オスの二匹の果たし合い

なんかのほうがいいのでは?でもこれは「ああ、猫の恋ね!」とか言われそうです。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

クロスして飛行機雲や夏の海

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 3

投稿日時:

星冴ゆる背丸くして帰路独り

作者名 大猫 回答数 : 3

投稿日時:

嫌な日を忘れてしまへ春の雪

作者名 竜子 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『猫の恋男二匹と果たし状』 作者: 葉月庵郁斗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ