俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

手渡しのおつりあたたか暖かよ

作者 葉月庵郁斗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

最近は自動精算機やトレーが主流ですが
手渡しの釣り銭が温かく
人の温もりを感じました。
歳時記には物の温度のあたたかは
季語に入らないとありましたので
リフレインにチャレンジしました。
文字の使い方やリフレインの効果な
ご指導よろしくお願いします。

最新の添削

「手渡しのおつりあたたか暖かよ」の批評

回答者 佐渡

イク様 コメントありがとうございました。
リフレインとはすごいですね。知りませんでした。

添削道場は貴重な時間を割いていろいろご指導いただくのでうれしい限りです。

これかも精進いたしましょう。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「手渡しのおつりあたたか暖かよ」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

これ面白い句ですね。
リフレインについて、このやり方の発想はなかったです。
意味は通じますし、この工夫は良いと思います。

僕は発想の良さを取りますが、「おつりがあたたかい」と季語「暖か」の意味が近いと言えば近いので、是非を問われる可能性はあるかも。
リフレインを考えなければ、おつりがあたたかく感じる⇒空気は寒い、となるのが自然ですので・・・

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「手渡しのおつりあたたか暖かよ」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは!
いつも勉強させていただいています。

御句。いいですねー。
まず、手渡しの御つり、で場所、光景など状況がいろいろ想像できて、それと、季語を真向でぶつける。それを工夫のリフレインで。他の要素をすべて省いていくというところが巧みに成功していると思います。
自分なら
あたたかや手渡しされる釣銭を
こうなるかなあ。「を」省略措辞もなかなか怖いけど。

それをリフレインで表してやろうという心意気。すてきー!チャレンジ大好きです、そして賛否もあると思いますが、成功してると思う派です。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「手渡しのおつりあたたか暖かよ」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

いくさん、こんにちは。
御句拝読しました。
面白いリフレインですね。最初はタイプミスかと思ってしまいましたよ(笑)。
私も某コンビニの支払い機やトレー私は苦手ですので、お気持ちよくわかります!

ただ、私はちょっと、あれ?と思うのですよ。
お釣りをあたたかい、それが人の温もりだと思うのは、気候が寒いからではないでしょうか?
寒い夜に一人訪れたコンビニで、手渡しされたおつりの暖かさに人の温もりを感じたー、というような。

これはイサクさんがコメントの最後でおっしゃっていることと同じだと思いますが、違うかな?

ですので、私としては、リフレインしなくなりますが、

・手渡しのおつりあたたか寒き夜

となるのではと思うのです。
原句では、「暖かくなったので、おつりの温かさに人の温もりを感じる」みたいになりますが…。

そういう句意であればごめんなさい!

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「手渡しのおつりあたたか暖かよ」の批評

回答者 久田しげき

句の評価:
★★★★★
★★

追メモ、本来、この季語は気候をいいます。おつりに感心するほどの温みはないし、繰り返し表現する必然性もモありません。

点数: 1

添削のお礼として、久田しげきさんの俳句の感想を書いてください >>

「手渡しのおつりあたたか暖かよ」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

いくさん、こんにちは。
再訪です。

いくさんは、「暖かや」という季語は、気候が春になって暖かくなったという意味でお使いで、おつりの硬貨が温まっているその温かさとは区別してお使いですよね。

また、コロナ禍で金銭の受け渡しすらしない、金はそこに置け、手で渡すなという風潮をなんだかなぁ、というお気持ちわかります。手渡で、「有難うございます!」と言われて渡されたおつりの温かみはなんとも言えないですよね。

リフレイン、今回は成否の評価は人それぞれでしょうが、チャレンジですね。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「手渡しのおつりあたたか暖かよ」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

再訪です!

いいですね、道場という感じでしょう。
チャレンジには賛否がつきものです。
私もこの道場に来たときは、
こんなことやってみたんですがどうですか?こんなchallengeやってみたんですけど俳句的にどうですか?という連続でした。
その都度、自分に酔っているぞ、とか、クサイ表現で詠めた気になっているとか、めちゃくちゃ言われましたが、その度、この方たちは、貴重な時間を私に割いてコメントをくれてるのがうれしいから賛からも否からも自分の身になるような推敲をしようと考えてここまでやってきました(^^♪それが道場ということです。
ぜひ、チャレンジを続けるべしです(^^♪ どんな意見も自分のために発せられています!

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「手渡しのおつりあたたか暖かよ」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

再訪です。

この句は「お釣りが温かかった」ことと気候の「暖か」を取り合わせている句意はわかりますし、コメントで明確です。そこまで読み取れない(読み取らない)方からは読み取れないなりのコメントが残ります。
とはいえ本来は俳句十七音だけで勝負するのが本筋ですし、わずか十七音の世界である以上、全員が狙った通りに受け取ってくれないことは頻繁にあります。伝わらないことも糧にして(むしろ誉めるだけのコメントより貴重かも)、次の句へ生かせばよいと思います。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

猫の子を抱ふる夫の帰宅かな

作者名 大江深夜 回答数 : 2

投稿日時:

サンタへの手紙飾りてクリスマス

作者名 中村あつこ 回答数 : 3

投稿日時:

麦笛や足に生えけり猫のひげ

作者名 春野ぷりん 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『手渡しのおつりあたたか暖かよ』 作者: 葉月庵郁斗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ