俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

生かされる奇跡の松に木ノ芽なく

作者 葉月庵郁斗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

震災のモニュメント
奇跡の一本松から
すでに枯木になっているのに
人の手で無理やり
生かされているのかな
と言う思いで詠みました

最新の添削

「生かされる奇跡の松に木ノ芽なく」の批評

回答者 佐渡

いく様 こんにちは。いつもありがとうございます。
みなさん的確なコメント出されるいるので初心者の私はいう事ないのです。
いくさんの言いたいことよくわかります。感じたことを17音にまとめることの難しさ同感です。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「生かされる奇跡の松に木ノ芽なく」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

これは無季俳句ですね。
言いたい情景と「生かされる」という単語の間に差異を感じました。
心情としてはそのままいただきます。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「生かされる奇跡の松に木ノ芽なく」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。いくさんの伝えたいことは伝わりました。
無季俳句か時事川柳かという句かなあという印象でした。
初読はまだ春が来ていないという意味かなあ、復興はまだもう少し先という意味かなあと読みましたが、枯れても無理やり生かされていて木の芽もないという意味だったのですね。

これはいち感想ですが、時事を詠むときに人事への批判などが入ると、詩としては薄れてしまいます。
そういう意図を持って詠む分には良いかと思いますが、木の芽は無いので、季節や自然を詠んでいるというよりは、だれじゃシンボルとか言って無理やり生かしているのは!という怒りの部分が強く出ています。説教感が出てしまうという感じです。

復興に向けた東北に、木の芽吹く、木の芽風で松が靡いているという句なら詩情は保たれるように思いました。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「生かされる奇跡の松に木ノ芽なく」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

いくさん、こんにちは。
御句拝読しました。
私は多くを語りませんが、これは実に扱いが難しい句です。
微妙な問題ですので、私は季語のことだけ触れて失礼します。

いくさんは、お題が木の芽なので木の芽でお詠みかと思いますが、お詠みのように、「木の芽がない」のであれば、それは季語の役目をしないのです。皆さんが「無季俳句か川柳とおっしゃっているのはそのためです。

思うところは多々あろうかと思いますが、げばさんが後半でおっしゃっているように、復興に向けた東北に木の芽吹く、というような前向きな句にしてみることをお勧めします。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「生かされる奇跡の松に木ノ芽なく」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

再訪です!

そうですね。私もまだ俳句はじめて7か月半、何もわかっているわけではありませんが(^▽^)/
確かに「今」を詠む俳句としては、目の前に「木の芽」がないということで、季節感は薄れるかもしれません。
ただ、月が出ていないことを、無月、とか、春の闇、とかいう季語で、そこにないことに風情を感じるという季節感がある!という俳句らしい日本らしい捉え方もあります。
なので、まだ松に木の芽がないので、もうすぐ春が来て木の芽が出るのが待ち遠しいーという春待の句であれば、むしろ晩冬の風情なんかも出るかもしれませんが、
木の芽も出ない枯れた松を人為でシンボルにしてーーという人への想いが強い句なら、季節感のない「木の芽なく」となってしまって、無季または時事川柳という捉え方をした流れです。
もちろん何を詠んでもダメということではないのです。これは私の意見なので、ほかの方の意見も聞いてくださいねー(*'▽')

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

寒雀駅巡るやう線巡る

作者名 負乗 回答数 : 3

投稿日時:

問うてみる彼か娘か夏海に

作者名 翔子 回答数 : 2

投稿日時:

雨雫添えて映ゆるに杜鵑花

作者名 04422 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『生かされる奇跡の松に木ノ芽なく』 作者: 葉月庵郁斗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ