俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

春浅し指に粗品の絆創膏

作者 卯筒  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

先に投句しました『春浅し示指の小さき絆創膏』の詠みなおしの句です。
粗品で貰った花柄の小さい絆創膏が水仕事で切れたオジサンのゴツい指に巻かれた面白みを詠みました。
元々はこちらの句のほうが最初に詠んだ句です。

最新の添削

「春浅し指に粗品の絆創膏」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。卯筒様、いつもお世話になってます。
御句、まず最初の句は、私は示指がわからなかったので、タイプミスかと思ったくらいです。恥ずかしい。
でも、小さきは悪くなかったですねー。

次にこの句です。示指でなくなったのは私としてはいいことだと思いました。この句にとって、どの指かなんて関係ないと思いました。それより大事なのは、絆創膏のなりですね。

読み直し句の「粗品」。取り方は人によりそれぞれと思いますが、私は「安物」と取りました。

もし、コメントにあるように花柄とかであれば、そのように詠んだほうがいいです。

・春浅し花柄のミニ絆創膏

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

チビたちは仲良くケンカこたつ猫

作者名 友也 回答数 : 1

投稿日時:

恵方巻食欲の舞台心の旅

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

よろずやさん言い得て妙の夏の夜

作者名 かぬまっこ 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『春浅し指に粗品の絆創膏』 作者: 卯筒
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ