俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

団地じゆう布団叩きのこだませり

作者 なおじい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんにちは。前句「布団干す爺」は「勉強は見てやれぬ爺布団干す」の方にご支持いただきました。今後は語順にさらに気を配ります。有難うございました。

本句は、以前、天気の良い日に団地を歩いた時に感じたことを思い出して作りました。「団地中こだます布団叩きかな」と迷いました。
ご意見よろしくお願いします。

最新の添削

「団地じゆう布団叩きのこだませり」の批評

回答者 翔子

なおじい様
団地にこだまする布団叩きの音、活気があって、宜しいですね😊私はマンションの清掃をしていた時、隣の奥様が、私がその方の家の下に行くたびに、バンバンッと、布団を叩く音が大きくなりました。きっと奥様の陣地を私が侵していたのかも知れません、何となく忘れられません😅それから添削、良くして頂き本当にありがとうございます。なおじい様の句をよむと微笑ましいですが、タリラリランとは…😰💦今考えるとお恥ずかし過ぎて…😰💦ふざけてる以外の何ものでもありませんよね😰💦本当にお恥ずかしい、気を付けます🙏💦

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「団地じゆう布団叩きのこだませり」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

御句、1軒のお宅が布団を叩いている音が響いているのではなく、数件のお宅が叩いている音がこだまのように聞こえてくる、という景で受け取りました。
このままいただきます。

コメントの句「団地中こだます布団叩きかな」は、中七「こだます」が終止形になってしまっていて切れてしまいます。連体形「こだまする」では字余りするので、字余りを許容するかどうか検討の要る句ですね。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「団地じゆう布団叩きのこだませり」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも温かいコメントありがとうございます!

御句。私もたくさんの家で布団叩きの音がする、布団干し日和のうららかな空が団地群の穴から見える、気持ちよい句として届きました!
コメントの句は、連体形にしたいので、
団地じゆう轟く布団叩きかな
くらいにしますかね!よろしくお願いします😆

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「団地じゆう布団叩きのこだませり」の批評

回答者 中村あつこ

句の評価:
★★★★★

 こんにちは。
いつもありがとうございます。

 私も団地に住んだことがありますので、
光景も、音の響きもバッチリです。

拙句「梅二月」にコメントありがとうございます。関東は大雪だとのニュースです。
お気をつけ下さい。

点数: 1

添削のお礼として、中村あつこさんの俳句の感想を書いてください >>

「団地じゆう布団叩きのこだませり」の批評

回答者 ヒュアー

句の評価:
★★★★★

雪の句を添削してくださりありがとうございます。「白線探す」を中七に入れて作ったのもあったので何故それにしなかったのか自分が不思議です汗

なおじいさんの句、ベランダから下がった布団、人物が浮かんできますし、音の感覚もやってきて面白い句です。これからも勉強させていただきます。

点数: 1

添削のお礼として、ヒュアーさんの俳句の感想を書いてください >>

「団地じゆう布団叩きのこだませり」の批評

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

拙句・・朝ドラ見ていないので分からないのですが、「主題歌に剝がされる」という俳句的誇張表現は面白いと思います。女性が優しく起してくれるアプリがあるそうですよ。私は悪夢で起こされますが。笑い。
御句・・あちこちで叩く音がまるでこだまのようだという句意であれば、このまま頂きます。

点数: 1

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

「団地じゆう布団叩きのこだませり」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

こんばんは。拙句パン生地の~へコメントありがとうございました。送信したあとにふくらんだ布団の理由がいるかなとも思いましたが、まあいいか読み手におまかせでということで昨日は寝てしまいました。
御句の感想ですが、絵が見えます。音が聞えます。団地じゅう・こだませり というちょっと大げさな表現も笑いを誘いますね。佳い句ですね、このままいただきます。

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「団地じゆう布団叩きのこだませり」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

おはようございます。間違えてなおじいさんの批評蘭に投句してしまいました。木瓜の花を詠んだからボケが始まったのかも・・・ すみません<(_ _)>

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「団地じゆう布団叩きのこだませり」の批評

回答者 大猫

句の評価:
★★★★★

なおじい様、冴え返るの句のコメントありがとうございます。
ちょうど神話の本を読んでいてそういえばペルセポネーノと言う四季を司る女神が居たなと思いだし句に詠んだのですがいかんせん技量がついていってなくおおいに反省しております。
佐保姫の句は別で詠んでおりましたので投句します。

点数: 1

添削のお礼として、大猫さんの俳句の感想を書いてください >>

「団地じゆう布団叩きのこだませり」の批評

回答者 大猫

句の評価:
★★★★★

佐保姫の句のコメントありがとうございます。
奈良を発つ時を思い詠んだ句なので纏いしとしました。

点数: 0

添削のお礼として、大猫さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

失神す歓喜の外は春嵐

作者名 めでかや 回答数 : 3

投稿日時:

甘藷を掘る小さき手元泥まみれ

作者名 中村あつこ 回答数 : 5

投稿日時:

つらら下がる避難所の中疲れ顔

作者名 高橋九二三 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『団地じゆう布団叩きのこだませり』 作者: なおじい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ