俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

遠山に神話の如く冬の富士

作者 負乗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

久しぶりの写生句です。写生でもないか…

最新の添削

「遠山に神話の如く冬の富士」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。負乗様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。
富士山は年間通して神々しいですが、特に冬の富士は他を寄せ付けないという孤高の尊厳があって美しいですね。

私は初読で「遠山」と富士の関係がわからなかったので、申し訳ないですがコメントを少し様子を見させていただきました。
今、皆さんのコメントを拝読しましたら、やはりそこは一つのポイントだったようです。
それでは私の感想をお伝えさせていただきます。
「遠くに山々が連なっているけれど、やはり富士山は違うなぁ。神話のように神々しいなぁ」という句ですよね。
これでまた、「神話の如き」としてしまうと違うのですね。私だけかもしれませんが、原句「遠山に神話の如く」他の山々に対して神のように振る舞う(崇められている)という意味もあるのかと思いました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「遠山に神話の如く冬の富士」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

この「遠山」は富士ですか? 富士ではないですか?
そこに迷いが出ます。
コメントを見るに、富士山のことですか・・・?
とすると「に」が説明的ですね・・・

「遠山」と「富士山」が別々のものに見えるので、
「遠山として見える富士」ときちんとわかるようにするか、「遠い富士」的にした方がよいのでは、と思いました。

・冬富士の遠く神話のごときかな
・神話のごとし遠く聳ゆる冬の富士

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「遠山に神話の如く冬の富士」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句、違和感はやはり遠山でした。
初読はイサクさんの一句目の提案が浮かんだのですが、かぬまっこさんの「や」も面白いなあと思います(^▽^)/

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「遠山に神話の如く冬の富士」の批評

回答者 中村あつこ

句の評価:
★★★★★

 こんばんは。
いつもありがとうございます。

 私はまだ実際に冬の富士山を見たことがありません。春先のは本当に綺麗で、唱歌の通りだと思いました。

拙句「風邪」の添削ありがとうございます。思い出だけなのに俳句らしくなりました。

点数: 1

添削のお礼として、中村あつこさんの俳句の感想を書いてください >>

「遠山に神話の如く冬の富士」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

こんにちは。負乗さんは、Fujoさんと読むのでしょうか?静かの海~の句へコメントありがとうございます。類句があったのですね。固有名詞を使う時は気を付けます。ストラヴィンスキーの句もすごいですね。あったんですねそういうの。
さて御句。僕は遠山の更に向うに富士の頂が見える風景を想像しました。神話の如くというイメージがちょっとつかみ難かったです。日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の東征とかと関係あるのかなあ?

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

豊年のコサージュ付けた案山子たち

作者名 塩豆 回答数 : 4

投稿日時:

父の日や大皿溢る回鍋肉

作者名 登盛満 回答数 : 4

投稿日時:

風が好きホットケーキも龍田姫

作者名 佐々木健一 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『遠山に神話の如く冬の富士』 作者: 負乗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ