俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

天井は木目だったか風邪籠り

作者 小西晴菜  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

病気で臥している時は、天井を見るくらいしかできることがありません。
ウトウトしながら「この部屋の天井、こんな木目柄だったっけ」などと思ううちに、また眠って夢を見て、その部屋の天井は大理石柄だったり······。

最新の添削

「天井は木目だったか風邪籠り」の批評

回答者 よし造

拙句・・心温まる思い出読ませていただきました。子供との思い出は、親にとってかけがえのない宝ですね。母親は父親よりより豊かな思い出を持っており、羨ましいです。
お子様はヒヤッとした手も心地よかったと思いますが、それ以上に安心したのだと思います。
御句・・普段気が付かないものに気が付くのは俳句では大いなる発見ですから、皆さんと同じように、私もいい句だと思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「天井は木目だったか風邪籠り」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。また面白いところを切り取られましたね。私もよく小さいころ、天井の木目がこわいものに見えた風邪籠ありましたー😆
そのままいただきます!

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「天井は木目だったか風邪籠り」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

あるある句ですね。
ある日ふと我に返って天井の模様を見る、という・・・
木目に顔の模様を探してた記憶がよみがえります。

そのままいただきます。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「天井は木目だったか風邪籠り」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。小西晴菜様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。「木目だったか」という措辞ですが、悪くないですし、コメントを読んだらまさにそのようなことのようで、このまま鑑賞しようかと思いました。
しかし先のお二人がこのまま派ですので、私は逆らって中七提案します。

・天井の木目が顔に風邪籠り

ここまで言ってしまわなくていいのかな…。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「天井は木目だったか風邪籠り」の批評

回答者 はや

句の評価:
★★★★★

ああ分かる!とすごく共感しました。
子どもの頃って天井の模様をよく見ていた気がするのですが、大人になってからはろくに見なくなったように思います。見ていないはずはないのに、全く注意が向かなくなったというか。
風邪で寝込んでしまってやっと目についたかんじ、よく分かるなあと思いました。
「木目だったか」がとてもいいなあと思いました。毎日見ているのに気づかないことって案外たくさんありそうですね。

「歯の抜けし…」へのコメントありがとうございました。
伝えたかったことを読み取っていただけて嬉しいです。我が家の一番上の子はこの春に小学生になります。歯が抜けて自慢気にしている様子を、小学校生活へのワクワク感と重ね合わせて詠んでみました。
これからもよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、はやさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

秋星や任せておけとカルビ焼き

作者名 友也 回答数 : 1

投稿日時:

下校子の声に振り向く冬の虹

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

花冷や渡り廊下を湯殿まで

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『天井は木目だったか風邪籠り』 作者: 小西晴菜
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ