俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

七日過ぐ我を知る者無き島の

作者 秋沙美 洋  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

去年はこんな感じの正月だったなーと思いつつ。

最新の添削

「七日過ぐ我を知る者無き島の」の批評

回答者 ちゃあき

こんにちは。拙句、初糶や~ にコメントどうもありがとうございました。初糶とテレビだけで中継であることが伝わるだろうと考えた私が浅はかでした。秋沙美さんのおっしゃるように川柳にしてしまったほうが反っていいですねえ・・・!(^^)!
御句を詠ませて頂き最初意味がよく分からなかったのですが、秋沙美さんは沖縄か奄美大島かよく知りませんが、そちらの方にお住まいの方らしいと詠まれる俳句から推察しておりましたが、ああ、移住をされて今お住まいになっているのだなと思い至りました。そう思うとこの句にとても味わい深い趣きを感じ、佳い句だなと思いました。島の だと多少散文的な感じがある気もしますので、島に の御意見に一応手を上げておきます。またよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「七日過ぐ我を知る者無き島の」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。秋沙美 洋様、いつもお世話になってます。
拙句「虎吠える」に好意的なコメント有難うございました。とても嬉しくて、励みになります。

御句拝読しました。初めて見た時からずっと気になっていて、下五の最後は「に」ではどうか、とずっと気になっていました。しかし私は、秋沙美さんは何か南の島にお一人で暮らしていらっしゃるとはなんとなく聞いているようないないような…その辺に触れていいのかいけないのか、が分からず、さらに「これは去年のことだ」とか言われてますますわからなくて、すぐにコメントするのを躊躇していました。

しかしようやく今朝、抜けるような好天に励まされ、よし、秋沙美さんに、最後は「に」がいいのではとコメントするぞと思い、サイトを開きました。
「あっ…」、イサクさんに先を越されました(笑)。
やはりコメントは早く置くべきだと痛感しましたm(_ _)m

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「七日過ぐ我を知る者無き島の」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは!
いつも勉強させていただいています。

御句。七日来ないので、待ってましたが。
独り居の石垣の七日を想像をしましたが、去年は?今年はいい人との正月でしたか!
下五、無き島の、がいいですね😆

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「七日過ぐ我を知る者無き島の」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

下五最後の助詞「の」が「の」でいいのかどうか・・・これはもう作者に委ねるしかないですが、「に」「へ」を合わせて比較してみたくなりました。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

錦秋を待ちて鬼籍へゆかれけり

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

黄金週間今年もみつける家の味

作者名 鳥越暁 回答数 : 1

投稿日時:

白菜の並ぶ哀しき断面よ

作者名 イサク 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『七日過ぐ我を知る者無き島の』 作者: 秋沙美 洋
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ