俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

初雪やリフトの爪の白印

作者 ちゃあき  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今日、初雪が降りました。建設資材を扱っている職場の情景です。あえてこれ以上説明せずどこまで伝わるか試してみて、また自分のコヤシへと変えて行きたいと思います。よろしくお願いします。

最新の添削

「初雪やリフトの爪の白印」の批評

回答者 イサク

再訪です。あーごめんなさい
文面で勘違いされがちですが、怒ってないですよ。ただ「言いたいけど言えないもどかしさ」がなんともでして、ネタバラシ解禁でついつっこみました。気を使わせてすみません。
そしてリフトの件、わかるひとにはわかる、で俳句としてはかまわないと思います。わからない側(←私)はわからない理由を探しますので・・・

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「初雪やリフトの爪の白印」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。ちゃあき様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。フォークリフトの爪(差し込むアームのような部分)に、ここまで差し込む、という目安の印が付けてあるのですよね。それが初雪で見えなくなってしまっている、という句ですよね。

働く現場の句として鑑賞します。私の解釈で正しいのであれば感激です。

大外れであればガチョーンですが、私はそうとしか取れませんでした。でもなかなか悪くない句だと思います。

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「初雪やリフトの爪の白印」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。雪とリフトで最初はスキー場と思ったのですが、詰めの白印で、フォークリフトかなと思いいたりました。
白印にグッと寄っていく感じがいいですね。
寒い中、お仕事お疲れさまです。そのまま味わわせていたただきます(^▽^)/

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「初雪やリフトの爪の白印」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

みなさん「リフトの爪の白印」って理解できるものなのですか?
正直、コメント抜きでは無理でした。
以下、コメントを読んでいない前提で。

「雪」に「リフト」で、スキーへの誤読をします。
「リフトの爪」ってなんだろうと検索したところ「フォークリフトの爪」が検索結果に現れ、ここでやっと「フォークリフトのこと?」となります。
さらに「リフトの爪の白印」も検索して「爪を差し込み過ぎないようにするための目印」が出てくるので、おそらくそれではないかと思います。

ならばなぜ「フォークリフト」を「リフト」と略し、「白」を入れたのか・・・しかも季語「初雪」に付けにいくような措辞を・・・という疑問が出ます。
ここまでにしておきます。コメントなしではわからなかったので。

そして「孫俳句みたい」の感想ありがとうございます。
猫を飼っていないのにそう思われるリアルさは出せていたと認識しておきます。
七日まで我慢していましたのでこのタイミングになりました。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「初雪やリフトの爪の白印」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつもお世話になってます。
イサクさんが、「皆さんこれって理解できますか?」と投げかけられたので、それにコメントさせていただきます。よろしくお願いします。

まず、「爪」がなければ、私も雪で始まるので「リフト」はスキー場の関係かと思ったかもしれません。
ただ、私は学生時代に運送会社でアルバイトしてフォークリフトは馴染みがあり、前職でも倉庫ではしょっちゅうそれが動いていましたから、あの腕のようなのを爪と言ったりアームと言ったりしていました。
それにそもそもスキー場に今頃初雪が降るわけないですし…。

話は変わりますが、私が混乱するのは、リフトよりも「ゴンドラ」です。私にとってゴンドラとは、イタリアのベニスの観光用の小舟、あれしか頭に浮かびません。
最近ようやく、ロープウェイのカゴをゴンドラと言うと知り、「へえ〜」と驚きました。
ですのでこの道場でもたまにそのロープウェイの意味で「ゴンドラ」と出てくると、まだ頭が混乱します。
すみません、余談でした。

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

今は亡き父に贈った白い薔薇

作者名 翔子 回答数 : 1

投稿日時:

春の雪溶けてなくなりまた積もる

作者名 村松 平良 回答数 : 4

投稿日時:

要望:褒めてください

ため息の響く寂寞星朧

作者名 卯筒 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『初雪やリフトの爪の白印』 作者: ちゃあき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ