俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

初糶やテレビも髪も薄くなり

作者 ちゃあき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

句意:ついこの間テレビで初競りの中継を見たばかりだと思っていたのに、もう一年が過ぎ去ってしまった。寄る年波には勝てないなあ・・・
またまた「も」の登場ですが今度は他にもあることを匂わせる「も」ではないので大丈夫かと。ただテレビ中継であることが伝わらないかも・・・それと川柳感あり? 

最新の添削

「初糶やテレビも髪も薄くなり」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
再登場失礼します!

カーソルの句、そーなんですよー。
ぷしゅんもあったんです。それも好きなんですー。
パソコンをぷしゆんと閉じて寒に入る
パソコンを再起動して寒に入る
こんなのも形として持っています!
その一方で、その前段階のカーソルのパターンを投句してみました!一個想像増えるので。
さすが、ちゃあきさん、見抜かれてますねー(^▽^)/私もそっちのパターンも好きです。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「初糶やテレビも髪も薄くなり」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

川柳というか、テレビの「薄い(厚み)」と髪の「薄い(密度)」は別物なので、そこはかとなくダジャレ感というか、大喜利感というか・・・

俳句としては
◆「(以前よりも)薄くなった」という時間経過の報告っぽくなっているような?
 「薄いことに気づいた」という瞬間や、「薄いなあ」という感嘆などにもっていったほうがいい気がします。
◆「初糶」がテレビ中継だとは思えず。上五と中七下五で句が分離してしまっているように感じます。「テレビ」「髪」と「競り」が遠すぎるのかも。

・テレビも髪も薄くなりけり市始
この語順でも季語がおかしい気がしますね。

・テレビも髪も薄くなりけり大発会
これなら・・・?

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

薄きものテレビと我の生え際と

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

中七以下「テレビも髪も薄くなり」が、季語と絡み合ってないような。初競りの魚市場の光景を出した直後、薄型テレビと自分の頭皮を見るおっさんの姿…
正直ポカンとしました。魚市場どこ行った?と。
年々薄くなっていくテレビ(厚み)と髪(密度)、そこに毎年ある物とを組み合わせた句だと思うのですが、別にこの季語じゃなくても。という感じはしますね。

川柳的なのは自覚してるようなので、もういっそ潔く川柳で詠んではどうでしょう。という提案句を置いていきます。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「初糶やテレビも髪も薄くなり」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

イサクさんの最後のコメントが気になったなあというところでした。
つきすぎの反対に、季語が離れすぎかなあと。テレビの中の糶とは思えないからでしょうか。または、テレビが薄い、髪が薄いことと糶がうまく響かない気がするからでしょうか?この辺りは感覚なので難しい。

やはり句意もたしかに川柳感ですね。初糶の季節感は漂わずでした!

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「初糶やテレビも髪も薄くなり」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。ちゃあき様、いつもお世話になってます。
拙句「仕事始」にコメント有難うございました。
ちゃあきさんの句に対する私の提案句で、「マスク」、確かに季重なりでしたね!失礼しました。どうしても、マスクが季語とは忘れてしまいます。気をつけないと。

さて御句拝読しました。正直、難しかったです!何よりも、核となるであろう季語の「初糶」が読めませんで、当然意味もわかりませんでした。勉強不足を痛感します。先にコメントを置かれた方々は、このことに言及していらっしゃらないので、ご存知だったのですね。すごいなぁ。
さて、それが「初競り」(こう表記してはいけないのですかね…)のこととわかっても、まだわからないのが、「テレビも髪も薄くなり」。髪が薄くなることを嘆くのは、まあわかりますが、テレビ?

皆さんのコメントを見て、ああ、薄型テレビのことか、とわかりました。

そこからの感想は皆さんと同じですので、私はこれで失礼させていただきます。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夕蛙鳴く理科室のホルマリン

作者名 いなだはまち 回答数 : 5

投稿日時:

淡色のほどけやすくて春の虹

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

テイクアウトの牛皿と夜桜と

作者名 たーとるQ 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『初糶やテレビも髪も薄くなり』 作者: ちゃあき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ