俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

元旦のコスモス空に揺れてをり

作者 よし造  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

季重ね、季跨りですが、今年初めて庭のコスモスが年を越しました。
元旦のという季語を使うと、雀、机、歯磨きなど見慣れたものがなんでも俳句になりそうです。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「元旦のコスモス空に揺れてをり」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
明けましておめでとうございます。
今年も何とぞよろしくお願いいたします。

実景の季重なりいいですね(*'▽')
元旦に咲いている秋のコスモスだからこそ、何かこの新年への意気込みを感じたりもします(*'▽')空に揺れるという言葉はあるあるかもしれませんが、実景の句として!

今年もよろしくお願いいたします(^▽^)/

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「元旦のコスモス空に揺れてをり」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。よし造さま、いつもお世話になってます。明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

御句拝読しました。素晴らしい。私は「お正月にコスモス?大丈夫なのかな?」と思いましたが、ありなのですね。

ただ、私は、「元旦のコスモス」という措辞がちょっと気になりました。「元旦」は新しい兼題ではありますが、この句に相応しいのかなとか、生意気に悩みました。というのは、このコスモスの感慨は、元旦という1月1日の朝だけのことなのか?ということです。
上手く言えないので提案句を置かせていただきます。

・年越へてコスモス空に揺れてをり

あー、でも、「元旦の」でこのような意味になるのかなぁ。それならそれでいいのですけれど。

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春の田や鴉に旨しもの数多

作者名 ささゆみ 回答数 : 1

投稿日時:

友達にいないタイプや曼珠沙華

作者名 かこ 回答数 : 6

投稿日時:

押印の欠けたる縁や冬三日月

作者名 あらちゃん 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『元旦のコスモス空に揺れてをり』 作者: よし造
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ