俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

温泉と酒が背を押す冬の山

作者 なおじい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんにちは。前句「温泉と酒が背中を冬の山」にコメントを有難うございました。独りよがりのわかりにくい句でした。ちょっと考えれば同じ意図でわかりやすくなるのに、推敲が足りませんでした。あらためてご意見よろしくお願いします。

最新の添削

名湯と酒を目当てに冬の山

回答者 秋沙美 洋

こんにちは。

温泉と酒が背中を押すとはどういう事…?と思いつつ、皆様のコメントを読んでいる内に景が見えてきました。
指摘は一通り出ているので、僕からは提案句だけ。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「温泉と酒が背を押す冬の山」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは!
いつも温かいコメントありがとうございます😊

給油ランプの句、コメントありがとうございます!ガス欠しかけてドキドキしましたが、そんな日常の夜さえ句材になればと思いました。点滅いいですよねー、詩の風景。カタカナのげばと言われるので、日本語でと思い、点滅や、ちかちか、も推敲しつつ、ランプとエンプ、の気持ち良さに惹かれてしまいました😆いつもありがとうございます!

御句、なおじいさんだからこういう句意でしょ!ってわかってましたけどねー😏知らない人なら掲句の方がいいですね😆

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「温泉と酒が背を押す冬の山」の批評

回答者 潮風の台所

句の評価:
★★★★★

アドバイスをありがとうございます。ご提案句の「かぐわしき」と「裸の枝」の選択、とても勉強になりました。目から鱗です!
さて御句についてですが、冬山の露天風呂で熱燗なんて、最上級の冬の誘惑ですよね。未熟者ゆえ提案句は作れませんが、句意に激しく共感!といったところです。誘惑のイメージ=引っ張り込むニュアンスの言葉を私なりに色々調べてみたくなりました。好奇心のキッカケをまたいただきました。ありがとうございます。

点数: 1

添削のお礼として、潮風の台所さんの俳句の感想を書いてください >>

「温泉と酒が背を押す冬の山」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

素数の調べ~に感想ありがとうございました。やはり伝わらなければ意味ないですよね。さて、この情景は温泉と酒は、なおじいさんがこれから行こうとしている冬山にあるわけで、この段階ではまだ温泉に入ってもいないし地酒も飲んでいないけど背中を押される感じがしているのでさあ出掛けよう・・・みたいな感じかなと思いました。
提案:温泉と酒が誘ふや冬の山   違ってたらすみません。<(_ _)>

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

冬の山眺めて浸かる雪見酒

回答者 翔子

句の評価:
★★★★★

なおじい様
宜しいですね、雪見酒ですか😊私も幼い頃に一度だけ、雪を見ながらの露天風呂に入った事がございます。最高ですよね。それから添削、ありがとうございます。なおじい様の添削を頭に入れて頑張らねば。ありがとうございます。

点数: 1

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

「温泉と酒が背を押す冬の山」の批評

回答者 虎馬

句の評価:
★★★★★

なおじい様
小春日の添削ありがとうございました。感情の赴くままに詠み、内容のない句になってしまいました。ご指導を基に勉強して参りますので、今後ともよろしくお願いします。
父も厳しい状況ですが、頑張っております。お気遣いありがとうございました。

点数: 1

添削のお礼として、虎馬さんの俳句の感想を書いてください >>

「温泉と酒が背を押す冬の山」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

みなさまのコメントを見ていてなおじい様もお気づきでしょうが、「(冬山の)雪見酒をしながら温泉にいる」と受け取ってしまう句です。

げばげば様とちゃあき様の受け取っている句意が正しいと思うのですが、それが出せていないと思います。
目の前に「温泉と酒」がないのに、ないはずの「温泉と酒」に背中を押される、という不思議な構造になっていることが原因かと。

・温泉と酒を目当てに冬の山

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「温泉と酒が背を押す冬の山」の批評

回答者 あつこん

句の評価:
★★★★★

 こんにちは。
いつもありがとうございます。
拙句「冬の山」のご指導ありがとうございます。全てに納得はしてますものの、なかなか実践出来てないです。
 お見捨て無きよう、宜しくお願い致します。

点数: 0

添削のお礼として、あつこんさんの俳句の感想を書いてください >>

「温泉と酒が背を押す冬の山」の批評

回答者 よした 山月

句の評価:
★★★★★

なおじいさん、こんばんは

コメントありがとうございます。
素直に嬉しいです!

仕事仕事でしばらくは集中できない中で
実感からのすんなり作句でしたのでなおのこと♪
精進します!

点数: 0

添削のお礼として、よした 山月さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

嫁入りの娘を仰ぐかに桜守

作者名 南原 汀風 回答数 : 2

投稿日時:

警戒に入る秋分の日の神父

作者名 東次郎 回答数 : 6

投稿日時:

あざらしや餌を奪はれ海豹や

作者名 丼上秋葵 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『温泉と酒が背を押す冬の山』 作者: なおじい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ