俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

母一人日向ぼこさせ模様替へ

作者 なおじい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんにちは。
今回は、類想類句を避けようと考えました。私が調べた日向ぼこ俳句71句中、下五に日向ぼこが57句で80%、上五が14句、中七は一句もありませんでした。
また内容的には、作者自身が日向ぼこをしている句が大多数でした。
そこで私は、中七で、日向ぼこしているのは自分ではない句にしました。
というより、掲句が自然に浮かんできましたので理屈は後付けかもしれません。
ご意見よろしくお願いします。

最新の添削

「母一人日向ぼこさせ模様替へ」の批評

回答者 中村あつこ

 こんにちは。
いつもありがとうございます。
拙句「冬の雨」にご提案して下さった御句の「ものかは」は、いつか使ってみたい言葉です。
私は長男の嫁ですから、義父やら実父やらいろいろなんですよ。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、中村あつこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「母一人日向ぼこさせ模様替へ」の批評

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

拙句・・コメントありがとうございました。げばさんへのコメントにも書きましたが、「俳句が入る」はよくいわれる「俳句が天から降ってくる」というイメージでした。
御句・・報告文的な感じがどうしてもするので、げばさんの提案句に近いですが、
模様替へ母は一人の日向ぼこ
報告的、因果的なものが少しはきえたのでは?

点数: 1

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

「母一人日向ぼこさせ模様替へ」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

再登場です。
いつもありがとうございます。

金婚を詠んでいらっしゃったので、なおじいさんは金婚かと思ってました(^▽^)/
やはり575のリズムが望ましいですよねー。

金婚ときんつばと日向ぼっこは要素が多めなのをまとめきりたかったという意図と。まずぐっときんつばが二つアップされて、何かなと思わせて、金婚の日向ぼこ、で、t種明かし遅めに。あー二人は金婚を迎えるのねー、酸いも甘いも経てきた二人が今、二人できんつばを食べるのかなあ。どこかレストランでみんなでお祝いでもなく、いつも通りで、でもせんべいではなく、プチぜいたくにきんつばで、くらいのほんわかとした二人のムードを出したかったんです。
確かにリズムを崩すとそのゆったり感がなくなりそうかもなあ。語順優先でした。勉強になります。いつもありがとうございます(*'▽')

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「母一人日向ぼこさせ模様替へ」の批評

回答者 ダック

句の評価:
★★★★★

なおじい様
こんにちは。「街灯の・・」にコメント頂き有り難うございました。
これは夜道を帰る場面を想像して作りました。夜に焚き火が小さく見える。それを安心と受け取るか、ある種の怖さを感じるか。それを街灯の点滅で怖さの方に持って行けないかと思いました。技量足らずでした。
縁の母日向ぼこする間の模様替え 提案句とまではいきませんが私なりに。

点数: 1

添削のお礼として、ダックさんの俳句の感想を書いてください >>

「母一人日向ぼこさせ模様替へ」の批評

回答者 中村あつこ

句の評価:
★★★★★

 こんばんは。
いつもありがとうございます。
 拙句「日向ぼこ」にコメントありがとうございます。主人は義母似なのですが、最近は晩年の義父にそっくりになって来ましたね。

点数: 1

添削のお礼として、中村あつこさんの俳句の感想を書いてください >>

「母一人日向ぼこさせ模様替へ」の批評

回答者 中村あつこ

句の評価:
★★★★★

 こんばんは。
いつもありがとうございます。
拙句「アルバム」は、私なりに沢山詠んで見ました。その中にご提案下さった句に近いものもありましたことが、嬉しいです。

点数: 1

添削のお礼として、中村あつこさんの俳句の感想を書いてください >>

「母一人日向ぼこさせ模様替へ」の批評

回答者 らりこ

句の評価:
★★★★★

なおじい様
 日向ぼこの句へのコメントありがとうございますm(_ _)m

季語の置き場所を考えることの大切さ勉強になります。ありがとうございましたm(_ _)m

点数: 1

添削のお礼として、らりこさんの俳句の感想を書いてください >>

「母一人日向ぼこさせ模様替へ」の批評

回答者 卯筒

句の評価:
★★★★★

なおじい様、蕎麦がきの二句のコメントありがとうございます。
『蕎麦がきの香に袖引かれ参詣す』の句の袖引かれは袖を詠みこむほうがより食意地を表現できると思いましたので

いつも丁寧なコメントと添削ありがとうございます。

点数: 1

添削のお礼として、卯筒さんの俳句の感想を書いてください >>

「母一人日向ぼこさせ模様替へ」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

はじめまして、ちゃあきと申します。添削して頂きありがとうございました。なおじいさんの句は日向ぼこと模様替えがマッチしていて、とてもいい感じが出ていると思います。

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「母一人日向ぼこさせ模様替へ」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

ちゃあきです、書き忘れました。なおじいさんの丁寧なアドバイスは大変参考になりました。束の間の日差し・・・のつもりでした。 ひと時の晴れ間・・・でもいいかなと今は思っています。

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

名月や旅に出てこそ輝けり

作者名 なおじい 回答数 : 32

投稿日時:

雨の降る街いそぐ人傘雨の忌

作者名 竜子 回答数 : 2

投稿日時:

待つことにだんだん慣れて梅雨の蝶

作者名 かぬまっこ 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『母一人日向ぼこさせ模様替へ』 作者: なおじい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ