俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

坊守の日々の暮らしや落葉焚

作者 ヒロちゃん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

広い境内に落ち葉が 毎日散って それを掃除するのはお寺の奥さんです。

最新の添削

「坊守の日々の暮らしや落葉焚」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

「坊守」知りませんでしたー。勉強になりました。
イサクさんのように2物で捉えることができず、坊守の日々の暮らしは落葉焚なんですよーという風に説明的に読んでしました。なるほど、2物でとらえたらいけそうな感じがします(*'▽')お坊さんでなく坊守というところもいいですねーー(^▽^)/

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「坊守の日々の暮らしや落葉焚」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

「坊守」知りませんでしたので調べました。特に真宗で住職の奥さんのことを指すそうですね。

コメントを見たら「落葉焚」の説明のように思いましたが、コメント抜きで二物とりあわせの句として見ていたら、悪くないと思えました。
このままいただきます。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「坊守の日々の暮らしや落葉焚」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

ヒロちゃん、こんにちは。
御句の感想を置かせていただきます。

御句、これはいいと思いますよ。なぜなら、今、都会で比較的自由に焚き火ができるのは、神社と寺だからです。もっとも、ああいうのを焚き火というかどうかはわかりませんが、境内が広いからでしょうか、お供養の意味でしょうか、割と色々燃やしているような気がします。

さらりとした佳句ですね。

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

海女達の勤めを癒す焚火かな

作者名 鬼胡桃 回答数 : 3

投稿日時:

課題山積地下鉄カルタの是非

作者名 根津C太 回答数 : 2

投稿日時:

かまぼこの上手くお化粧土用の日

作者名 こま爺 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『坊守の日々の暮らしや落葉焚』 作者: ヒロちゃん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ