俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

外套の襟立て馳する跨線橋

作者 げばげば  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ちょっと寒さが増してきましたね。軽い上着ではきつくなってきて、トレンチコートの出番です。

みなさんご意見よろしくお願いします。

最新の添削

「外套の襟立て馳する跨線橋」の批評

回答者 よした 山月

げばげばさん、こんばんは

まさに今の自分の実力分での表現しか
出来ていない句だと感じられるコメントでした。ありがとうございます。

自分の見てる、感じている感動や感性には
疑いはこれっぽっちもないのですが
なにせ伝えられない(笑)

これはさらに俳句を深めていきたくなる
よきモチベーションですね!
毎回の皆さまの添削、コメントにありがたいかぎりです
m(_ _)m

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、よした 山月さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「外套の襟立て馳する跨線橋」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

映像は見えてくるのですが、ちょっとイマイチでした。
何というか、「外套の襟立て馳する跨線橋」以外の映像や心情が見えて来ないというか…

例えばですが、イサクさんの提案句
『跨線橋馳せ外套を翻す』
この句は字面の内容以外にも、一張羅でお気に入りの外套なのかなぁ等といったイメージが出来ます。こういうのが大事かなと思うのです。

点数: 2

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「外套の襟立て馳する跨線橋」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

どこか説明感がありますね・・・
中七「襟立て馳する」の部分だと思います。
「襟を立てること」「走ること」それぞれを報告して、下五の受けが「跨線橋」なのも、詩としての違和感があるというか・・・それらを全部別々に伝える必要があるかどうか、です。

跨線橋は「橋」「道」「陸橋」「歩道」などではダメなのでしょうか?下を走っている線路に映像的意味の薄い「跨線橋」で五音使っていますけれども・・・

・外套の襟立て跨線橋に風
・跨線橋馳せ外套を翻す

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「外套の襟立て馳する跨線橋」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。げばげば様、いつもお世話になってます。毎回適切なコメント有難うございます。

御句、もうそんな季節になったのかとしみじみ思いました。ついこの前まで炎天だの紅葉だのと言っていたのに…。
俳句を始めてから季節の変化に敏感になってきましたが、それは皆さんのご投句からも感じるものなのですね。

さて御句、私はちょっともったいない気がしました。せっかく、「これなら寒さも平気!」ということで外套=トレンチを着てきたのですよね。それなのに跨線橋の上とはいえ襟を立てて早足になってしまうことがです。
跨線橋はことさらに風が強いと思いますので効果はわかるのです。これが今までの軽い上着なら、風が吹き抜ける跨線橋の上で、しまった、トレンチを着てくるのだった、と、寒さに襟を立てて走りさる。

・ジャケットの襟立て走る跨線橋

そしてこの後、早速外套を出すというならわかるのですが…。

提案句ですが、トレンチを着てきてよかった、ということで、

・外套の有り難み知る跨線橋

と置かせていただきます。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

冬の雨亡父の遺せる傘の内

作者名 中村あつこ 回答数 : 1

投稿日時:

アジフライ五分前まで鯵でした

作者名 たーとるQ 回答数 : 3

投稿日時:

高々と掲ぐ提灯鳥渡る

作者名 なおじい 回答数 : 10

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『外套の襟立て馳する跨線橋』 作者: げばげば
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ