俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

もう金は数へず星を星月夜

作者 負乗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

"俺はもう金を数えるのはやめた、星を数えることにする…"
そんなネットの書き込みを見て、作った句です。

最新の添削

「もう金は数へず星を星月夜」の批評

回答者 卯筒

負乗様、金柑の句の添削ありがとうございます。
『や】ではなくて『の』の方が素敵な句になりますね。
いつもありがとうございます☺

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、卯筒さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「もう金は数へず星を星月夜」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。負乗様、いつもお世話になってます。
御句、面白い!出所はネットの書き込みですか?書き込んだ方はお金で色々あったのでしょうね。それを俳句につなげる負乗さんのセンスもさすがです。

私個人的には、星が二度出てくるので、一度に出来ないかなと思いました。
・金よりも星数へたし秋の空
・金でなく星数へむと秋の空
とか考えましたが、星月夜という季語を外してしまうのもいかがかと思いまして、こちらを活かそうと。
・もう金は数へずと言ふ星月夜
・星月夜金勘定はもうやめた
最終的に、

・金よりも数へたきもの星月夜

これを提案句とさせていただきます。
出だしの「金」がメダルの色に思えてしまうのが難点ですが…。
まさか、あの世界的イベントに携わった男性の書き込み!?

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「もう金は数へず星を星月夜」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

ネタ的にはもう俳句ではなく川柳の方が・・・というのは野暮でしょうか?

真面目に俳句としてのコメントをしますと、「星を」で切って季語「星月夜」につなぐのが普通に苦しいですね・・・

・銭はもう数へず星月夜を数ふ

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「もう金は数へず星を星月夜」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

そういうのを句風にしているわけではないとおっしゃりながら、やはり、面白いですねー、クスっときちゃいます。
「星を星月夜」がちょっと気になり。
金はもう数へず秋の星数ふ
としてみましたが、いかがでしょうか(^▽^)/

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

元旦やこむら返りの襲ふ朝

作者名 坂本かなえ 回答数 : 5

投稿日時:

要望:褒めてください

夏疾風靡く襟足のこそばゆし

作者名 ぱいん 回答数 : 2

投稿日時:

これよりは馴れぬ自転車いわし雲

作者名 いなだはまち 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『もう金は数へず星を星月夜』 作者: 負乗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ