俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋思かな聳え立つよな大海老天

作者 卯筒  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

前句『秋思かな直下たつは大海老天』は完全な投句ミスです。
なおじい様御指摘ありがとうございます。
阿呆な打ち間違えをしてしまいました。

最新の添削

「秋思かな聳え立つよな大海老天」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。卯筒様、いつもお世話になってます。

前句、投句ミスとのことですが、逆に私は「直下たつ」を読めなかったことが申し訳なくて。確かに難解ではありますが、げばさんが読めているのに、悔しい(笑)。

もの思う秋とは言え、現実的に一番気になるのは、最近出てきたお腹。「ああ、この天丼の看板…!美味そうだけど…。」
タワーのように立派な海老天を前にして悩む作者の顔が浮かびます。

私の提案句を置かせていただきます。「直下たつ」を「そそりたつ」と読ませるのだと知ったときから考えていましたが、「秋思かな」は下五に置いたほうがバランスがいいと思います。

・聳え立つ海老天見つむ秋思かな

げばさんは食べてしまいましたね!?

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「秋思かな聳え立つよな大海老天」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

再登場です。

やはり、
そびえ立つ海老天喰らふ秋思かな
この語順がいいような気がします。
かぶりついちゃってるくせに秋思なんですよね。

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

ビッグベンめく晩秋の大海老天

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

まず始めに、僕はあの句に対し「故人を冒涜する酷い句だ」と評したつもりは毛頭ありません。
とはいえ亡くなって間もない方を句材として扱う際、最低限の配慮はすべきだよね、というだけの話。ここに投句した時点で全世界に公開する句となりますので、尚更です。
そんな感じです。

揚句にも少し触れます。
「秋思かな」で切るのはちょっと違和感がありました。秋思と大海老天も、少し噛み合わせが良くないような気がしています。

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

火の付かぬ焚き火あきらめ煙草吸ふ

作者名 拓也 回答数 : 2

投稿日時:

蛍火のせせらぐ闇を織り成して

作者名 そうり 回答数 : 7

投稿日時:

桃園で劉関張が盃交わす

作者名 鬼胡桃 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋思かな聳え立つよな大海老天』 作者: 卯筒
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ