俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

金魚玉江戸の街騒纏いをり

作者 しゅうこう  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今ほど(今は異常ですが)暑くなく、金魚売りなども出て
さぞ活気があったのだろうなと、金魚玉を見ていたら江戸の生活を想像しました。
以前習った「街騒」も活かしてみました☺

最新の添削

「金魚玉江戸の街騒纏いをり」の批評

回答者 イサク

おはようございます。

頭の中で作った俳句感があります。
◆全体で「金魚玉が江戸の街騒を纏っていますよ」という説明の形です。
 ここで出てくる「江戸の街騒」とはどんな様子なのか?を映像で見せて欲しいところです。
◆「街」には商業区域・繁華街・通りなどの意味があります。現代現実の「街騒」なら受け手によってそれぞれの「街」が想像できると思うのですが、この句の「江戸」はどんな「街」なのでしょうか?
 この句の「江戸」で強調しているのは時代なのか場所なのか?
 見ていない「江戸の街騒」にリアリティがあるかどうか?
 その、見ていない「街騒」を金魚玉が「纏う」としていることにリアリティが(以下略)
◆「纏う」という凡人ワード。使っちゃダメではないですけど注意です。
◆仮名表記の統一を。下五は「纏いおり」あるいは「纏ひをり」ですね。

リアルではなく、自分の頭の中の想像の「江戸」の「街騒」を見せようという句なので、難しいと思います。自分の頭の中を観察して描写しなければならないわけですから・・・
「纏う」という単語を使わずに、目の前にある「金魚玉」に寄せていくことが描写になるのではないかと思うのですけれども。

・江戸の世とはこんなだろうか金魚玉

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

一粒のプッカのたまご冬の朝

作者名 根津C太 回答数 : 2

投稿日時:

雲の割れ日差しの届く寒牡丹

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

マーガレット咲くや庭越え駐車場

作者名 04422 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『金魚玉江戸の街騒纏いをり』 作者: しゅうこう
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ