俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

たわわなる銀杏落ちて踏まれをり

作者 なおじい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんにちは。
前句「若き日の父母の座す花野かな」に多くのコメント有難うございました。
本句、近所のイチョウ並木のうち何本かは見事な銀杏が実るのですが、この時季はその木の下だけまっ黄色で独特の香りです。
「せっかく立派な実がなったのに…」
ご意見よろしくお願いします。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

撓なる銀杏足元の銀杏

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

いわゆる「雌の銀杏」があるのですね。
匂いとか、苦手な方は苦手だそうですね。

御句、「たわわ」は実のなった「枝」を表す表現なので、言葉の選び方に失敗してしまった感じです。これだと「銀杏」は「いちょう」です。

また、(「たわわ」以外の箇所で)この句とコメントで推測するに「枝に生っている銀杏、自然に地面に落ちる銀杏、その落ちた銀杏が踏まれるまで」という長時間を描写しようとしていませんでしょうか?そのあたりの映像がぼやけている気がします。

「たわわ」を残して、私なら、という提案句。

・撓なる銀杏足元の銀杏

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「たわわなる銀杏落ちて踏まれをり」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも温かいコメントありがとうございます。

御句、この季節になるとかぐわしい匂いがしてきますねー。これがいやな人もいると思いますが、この匂いが秋を象徴しているといっても過言ではないですね。

時間の経過が少し気になりました。実っている→落ちる→踏まれるという流れです。
あとは、銀杏が落ちる、においがする、系がわりとありそうなので、そこにさらにプラス1が欲しいという印象もありました。たわわなるの五音でなおじいさんなら何かできそうです。いくつか例句です。いかがでしょう(*'▽')

ぎんなんの実やかぎろへる南禅寺 中川すみ子
ぎんなんの踏まれてありし仁王門 谷村幸子
銀杏の踏まれつぱなし男子校 青谷小枝

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

踏まれたる銀杏ふわと香り立つ

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

コメントありがとうございます。「リバース音」は普通に使ってたのでわかりにくい言葉だったとは。ちょっと反省。

選句のシステムは、タップ→ コメントするのリンクを選択してコメント/並選/特選のいずれかを選んだいただければOKです。メールアドレスは、形式さえあっていればなんでも大丈夫です。特にメール送信などしていませんので。(次回以降は、メールアドレスが正しくないと別のユーザーとして認識されます。(このサイトと同じ))このサイトとデータはもちろん共有していないので、このサイトと同じアドレスを使うことは可能ですが、個人情報観点で好ましくないかなと。

本句ですが、時間経過についてはもう出てますね。なっているところ、落ちるところ、踏まれているところ、それぞれで一句づつがいいでしょうかね。

点数: 0

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「たわわなる銀杏落ちて踏まれをり」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
指摘はあらかた出尽くしていますが…

特に「落ちて」が気になります。その銀杏は落ちたから踏まれている訳ですので。
たわわに実った銀杏、今まさに落ちてしまった銀杏、踏まれた銀杏で分けて詠んだ方が良いでしょう。

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「たわわなる銀杏落ちて踏まれをり」の批評

回答者 はや

句の評価:
★★★★★

銀杏!秋!ってかんじしますよね。
「たわわ」が句の描きたいことなのかなと思ったのですが、最後は「踏まれをり」なんですね…。「たわわ」に感動があるように思えたので、あ、注目するのはそこじゃないんだ、と裏切られた感?があるように思いました。
この句は「実りの秋すばらしい!」じゃなくて「せっかくの実が踏まれてしまって物悲しさを感じる」の方なんですね。そうなると「たわわ」はない方がいいのかなあと思いますが、個人的には「たわわ」の方を生かしたいなと思いました。
イサクさんの提案句がいいなあと思いました。

「寝待月…」の添削ありがとうございました。
そうか「寝ちゃダメだよ」と言うといいのか。今度試してみます!句へのコメントのみならず、子育てのアドバイスもありがとうございます!
提案句3つめの、「親は寝てしまい」がいいですね。まさに我が家です(笑)

点数: 0

添削のお礼として、はやさんの俳句の感想を書いてください >>

たわわなりし銀杏地を匂わせり

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

上五を過去形にしたらいかがでしょう。この時期、銀杏詠みたくなりますね。
私も過日ある句会に「今もあり銀杏踏みて匂う道」という句を出しました。

点数: 0

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

「たわわなる銀杏落ちて踏まれをり」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

再登場失礼します。

面皰の句コメントありがとうございます。
みなさん、あれ?吾子?想像句?となっていたようですいません。本当は姉俳句です。
今目の前にしてるのは葦原で。
そして、その葦原のどんどん背高ノッポになっていく様子を見て、思春期のころの姉を思い出して。おでこに面皰ができはじめたら、当時は家族で一枚だったタオルも姉専用との2枚になって、絶対同じタオル使わんといて、って、あー、無邪気な姉がこういう風な思春期満載になるんだなーって感じで。母は冷静でしたけど、父は戸惑ってましたよね。そこで、これはこの父としての吾子俳句でした。そういう意味では想像句ですよね、みんな吾子が大きい!となってすいません<(_ _)>

私目線で
面皰を潰せる姉や蘆の花
にしてもよかったんですけど、成長の喜びと成長の戸惑いって感じではないしなーと。

どんどん成長していく喜びと、どんどん離れていく寂しさ、どちらも蘆の花にはあるような気がして。ぴたっとくるやろう!と。でも植物句ってその季語の共感が難しいのですけど、、やってみようと。

いつもコメントありがとうございます(^▽^)/

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

梅林の色とりどりに鳥むれて

作者名 竜子 回答数 : 2

投稿日時:

薄野を搔き分け辿る三角点

作者名 素一 回答数 : 6

投稿日時:

ティファールの滾る七月尽の小夜

作者名 げばげば 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『たわわなる銀杏落ちて踏まれをり』 作者: なおじい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ