俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

地下街をさまよふ秋の空恋し

作者 長谷機械児  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

新宿駅の地下街。出口と案内された先がビルの中だったり(ビルの中を迷った挙げ句に地下街に出てきたり)、バス乗り場で行き止まりだったり(当然、地下街へと引き返す)する。「新宿の目」の当たりから空は見えるが、それは単に見えるだけだったりするから、地上で青空を見たい欲求は一層強くなる。

お題が「秋の空」に変わった今日は、窓の外を見てもずっと曇り空で、「秋の空」でイメージさせる澄んだ青空でなし。想像で何句か捻ってみたものの、ほとんどが「秋高し」に入れ替え可能、というか、そっちの方がしっくりきそうな感じの景色ばかり。「秋高し」に変えられない一句を選んで投句するけれども…、これは「秋の空」見えてませんが。

最新の添削

「地下街をさまよふ秋の空恋し」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。長谷機械児様、いつもお世話になってます。

御句、こういう状況は経験がないではないです。都会は地下街が発達していて、意外なところまでつながっていたり、逆に切れていたり、それが迷う原因だったり…。
地下街にはランドマークを置きにくいのでどこも同じようですし、どれだけ案内板があっても、いっそ地上に出たほうがわかりやすい時はありますね。そういう時は、一刻も早く空が見たくなりますね。

御句、そうした「空が見たい」という思いは伝わってきますが、それが「秋の空」でなくてはならないとは思えないです。他の季節でもいい、青いとか灰色とかも関係ない感じです。
あと、「さまよふ」というのが、好きで漂っているのか、迷って困っているのか微妙な感じです。それは、「秋の空恋し」という、緩やかな表現と相まって、余計にそう思います。
そこで提案句ですが、私は地下街でラビリンスにはまってしまった時のようなものにしてみました。
・迷い込む地下街秋の空探す
・秋の日や迷う地下街探す空
・秋の空求め地下街右左
・迷路なる地下を抜け出て秋の空

最後の句で地上に出られました。
地下街関係者の方々には申し訳ありませんが、地上が一番です(笑)。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「地下街をさまよふ秋の空恋し」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

ヘリの句コメントありがとうございます。
たしかに、訓練ヘリをプロペラヘリに変えたので、別にヘリコプターで良かったやんってなりましたね。急遽変更の推考甘でした。

さて、御句。おもしろいですね。俳句的発想というか、秋の空が見えないので、恋しいーという気持ちは、そこに秋の空がなくても十分秋を感じるのですがだめなのでしょうかね。月を待つ「待宵」みたいに。新しい季語「秋の空恋し」みたいな季語誕生的な。そういう味わいはありましたね。

確かに「秋の空」「秋高し」の違いを出すのも難しそうですねー(*'▽')入れ替え可能なものが多そう、、、。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「地下街をさまよふ秋の空恋し」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

機械児さん、こんばんは🙂
私も地下街を彷徨ったことがあるので…(新宿でも) 気持ち、よく分かります。
御句、二章立ての繋がりが、読んだ時どうかな、という気がしました。
まだ、
「地下街をさまよひ秋の空恋し」
と、連用形にした方が、いいかなと思いました。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「地下街をさまよふ秋の空恋し」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

コメントありがとうございます。季語の位置の件ですが、
・六条の句はあちらにも書いた通り「六条御息所」が強すぎて、先に風景を出しておかないと、下五ではほとんどの季語が負けてしまうと思いました。
・ポケモンの句は秋沙美様の説明が正しいのだと思いました。語順というよりは散文的なつながりの解消かと。
どちらも私が勝手に思っているだけで正解というわけではないので・・・

こちらの句、の前にコメントの「秋の空」「秋高し」の件、二物対比の句は基本的に入れ替え可能なので、そこまでストイックになる必要もなかろうと思っています。
「秋の空」「秋高し」の持つ意味が違うので、作句者が選んで使い分けるところだと思います。

御句は、前半が後半「恋し」の説明になっている感があるので、少しもったいない気がしますね。
げばげば様の言うとおり「秋空恋ふ」みたいな季語が(「春待つ」のように)存在するなら別の方法がありそうです。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

どしゃ降りの上り濡縁なめくじり

作者名 04422 回答数 : 2

投稿日時:

初秋刀魚真一文字にぴんしゃんと

作者名 卯筒 回答数 : 1

投稿日時:

コンビニの車に男の昼寝あり

作者名 まちる 回答数 : 3

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『地下街をさまよふ秋の空恋し』 作者: 長谷機械児
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ