俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

満月の降りてきさうな山の端

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

峰の近くに月光る

最新の添削

「満月の降りてきさうな山の端」の批評

回答者 負乗

こんばんは。
しかし、満月🌕は、登るものだと思いますが、「降りてきさうな」とは、これ如何に?
提案句、

満月や人降りて来む山の里

どうですかね。三段切れですかね…

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「満月の降りてきさうな山の端」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。久田しげき様、いつもお世話になってます。
御句、山の稜線、月、空、何もかもが澄み切った清涼感あふれる佳句ですね。

御句を拝読して、提案ではないですが、次のような句が浮かびました。
・あの山に登れば月に届くかな
これは何かというと、以前、小さい子から、家の前の高い木を指さして「この木に登ったらお月様に近くなるかな?」と聞からたことを思いだしたからです。
余計なことをお話しして失礼しました。

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

粉まみれ団子作る子盆支度

作者名 やす 回答数 : 3

投稿日時:

静けさにむべやはらかに栗の落つ

作者名 紀州鰹節 回答数 : 4

投稿日時:

炎天や鞄の角に溶くる飴

作者名 かぬまっこ 回答数 : 10

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『満月の降りてきさうな山の端』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ