俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

満月や窓を開く手に老いの影

作者 竜子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

窓を開けた時に月の光にあたる手を詠みました。

最新の添削

「満月や窓を開く手に老いの影」の批評

回答者 坂本安居

月の影と老いの影がつながっているということですかね。情景が浮かびます。
「窓を開く手」がやや回りくどい感じなので、「窓開くる手」など整理するとシャープに内容を伝えられるかなと思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、坂本安居さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「満月や窓を開く手に老いの影」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

竜子様、こんばんは🙂
お世話になります。

中八となる「窓を開く手に」は、「を」を除けば良いと思いました。
「満月や窓開く手に老いの影」
このおもむろ感が、好きですね。
そんなに"手"は皺くちゃではなさそうですね…(笑)
麗人の手を思いました。

また、宜しくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「満月や窓を開く手に老いの影」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

竜子さん、こんにちは。
御句拝読しました。
最初、中七を「窓をひらく手に」と読みましたので、なぜ字余りの中八に?と思いました。「窓をあく手に」と読ませるのですね。
でもそれであれば、

・満月や窓開ける手に老いの影

でよろしいのではと思いました。
とりあえずその点だけで失礼します。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「満月や窓を開く手に老いの影」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

竜子様、再訪です😉

"開ける"(あける)の古語だと、連体形で"開くる"になりますかね…
「満月や窓開くる手に老いの影」
訂正です。すいません😅

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「満月や窓を開く手に老いの影」の批評

回答者 井上れんげ

句の評価:
★★★★★

秋刀魚の句にコメントありがとうございました。

満月の夜に窓を開ける時、自分の手に気持ちが行く状況に共感します。
添削はできないので感想のみです。

点数: 1

添削のお礼として、井上れんげさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

葡萄畑渓谷よりの風が抜け

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

なあ野分きみの進路も未定かい

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 9

投稿日時:

遠き友思いしたたむ暑中見舞い

作者名 岸本義仁 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『満月や窓を開く手に老いの影』 作者: 竜子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ