俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

菊日和ほろほろと酔ひ蕎麦たぐる

作者 卯筒  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

昼の蕎麦屋酒を詠んだ句です。

最新の添削

「菊日和ほろほろと酔ひ蕎麦たぐる」の批評

回答者 はや

「ほろほろと酔ひ」がいいなあ、すてきな言葉だなあと思いました。ほろ酔いはよく言いますが、「ほろほろと酔う」ってとても上品な、本当に気持ちよく酔いを楽しんでいるかんじがします。

「へへへのへ…」へのあたたかいコメントありがとうございました。
励みになります!

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、はやさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「菊日和ほろほろと酔ひ蕎麦たぐる」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

重陽の今日、菊日和でしたねー。蕎麦と酒、なかなか味のある一句ですね。たぐるというのが、江戸落語感もあり好きです😆

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「菊日和ほろほろと酔ひ蕎麦たぐる」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。卯筒様、いつもお世話になってます。
いつも拙句にコメント有難うございます。

御句、いいですねー。褒め言葉で、ある程度年齢を重ねた人の句のように思います。
重陽の節句に、菊を季語に詠む。「ほろ酔い」ではなく「ほろほろと酔ひ」と言う。「蕎麦を食ふ」とかにせず「蕎麦たぐる」と締める。なんというか、わかっている人の「粋な」句だと思いました。

私も蕎麦屋でほろ酔いになりたい。でも宣言延長…(涙)。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

石投げて泉の月の揺らぎけり

作者名 つちや郷里 回答数 : 6

投稿日時:

夏草は小石飛ばして刈られけり

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

JAFを待つ吾を傍観す冬銀河

作者名 卯筒 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『菊日和ほろほろと酔ひ蕎麦たぐる』 作者: 卯筒
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ