俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

晩春や桃色盛る刹那かな

作者 あさこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

儚いからこそ美しい。

最新の添削

「晩春や桃色盛る刹那かな」の批評

回答者 かこ

たぶん桜の事を詠われていると思うのですが、
桃色は桃の色です。桜なら桜色です。色鉛筆だとももいろだとは思いますが、俳句はありとあらゆる植物を季語にしているのでそのへんは繊細に扱った方が良いと思います。
偉そうにすみません🙇‍♀️

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

小春日やカーテン開けてすでに昼

作者名 にてこ明子 回答数 : 2

投稿日時:

初夢に拘置所の三階の窓

作者名 和光 回答数 : 0

投稿日時:

新しき巣箱を濡らす雨静か

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『晩春や桃色盛る刹那かな』 作者: あさこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ